« 6月10日のはりまや橋サロン | トップページ | 東日本大震災から3ヶ月が過ぎましたが・・ »

2011.06.11

やはり低地の歩道橋を津波避難タワーに

Futabahodoukyou01_r

 高知市二葉町。国道56号線の鏡川大橋近くに歩道橋があります。低地で海の近くの二葉町。想定される南海地震は地域の全体が最大2メートル地盤沈下し、津波も加わるので、地域は全水没します。

 ですので地域にある歩道橋を「津波避難タワー」にすれば、多くの地域住民の「津波時一時待避所」になると思います。
Fhodoukyou2_r
 現在の歩道橋は、せいぜい2階建ての屋根程度です。この歩道橋を2階建てにして、4階建て以上の構造物にすれば良いのではないかと思います。
Fhodoukyou1_r


Fhodoukyou2_r_2


|

« 6月10日のはりまや橋サロン | トップページ | 東日本大震災から3ヶ月が過ぎましたが・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/51844902

この記事へのトラックバック一覧です: やはり低地の歩道橋を津波避難タワーに:

« 6月10日のはりまや橋サロン | トップページ | 東日本大震災から3ヶ月が過ぎましたが・・ »