« ゴーヤの小さな実がなっていました | トップページ | 7月16日の夜須の海 »

2011.07.16

坂本龍馬を語るのは保守反動の人

3shishikankoukyaku07_r_2

(高知はなんでもかんでも坂本龍馬。高知駅前の発砲スチロール像です)


 高知県で声高に坂本龍馬のことを訳知りに語り、龍馬研究家ばりに発言する人たちが1部にいるようです。経営者にもいますね。そういう人たち。

 語るべきは「坂本龍馬の精神や思想」のことであり、龍馬がなにをした、どうしたこうしたという些細なことにこだわることははたして、社会のためになることなのか?そのあたりは不明です。

 学び実践すべきは、坂本龍馬の考え方や構想力、行動力であると思います。そのあたりがわからない「龍馬信仰者」には、正直辟易します。
 
 ですのでことさら坂本龍馬のことを熱心に語る人は「保守反動の人」と私は思います。ご自身の古い体質を隠すために「坂本龍馬」を語っているのですから。

|

« ゴーヤの小さな実がなっていました | トップページ | 7月16日の夜須の海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/52171177

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍馬を語るのは保守反動の人:

« ゴーヤの小さな実がなっていました | トップページ | 7月16日の夜須の海 »