« 震災対策で正直疲れました | トップページ | 高知駅前の龍馬関連4億円施設についての費用対効果は? »

2011.07.28

高知県知事へのメール 返事が来るのだろうか?

Shimozissinsui1946


(1946年の昭和南海地震でも高知市二葉町地域は地盤が沈下し、3ヶ月間水没していました。)

高知県知事
尾崎正直様


 1週間前に高知県庁の担当部署に直接メールにてお便りをしていましたが、受領したとも、またこちらの要望に対してもなんの回答もございません。

 どうやら担当部署に県民が直接メールをしましても、誰も見ていないようです。それで知事様宛にお便りをさせていただきました。尚担当部署に送信したメールを貼り付けさせていただきまして、送信させていただきます。よろしくお願いします。

高知県危機管理部
危機管理部長
森部慎之介様

 いつも南海地震対策ではお世話になっております。
高知市二葉町で自主防災会をしています西村健一と申します。

 「高台の市町村への疎開への橋渡しをしていただけますか」

 私が居住している高知市二葉町は、平均海抜が0・2メートル。
海に近く、地盤が弱く、想定される南海地震が起これば、甚大な被害が出ます。
 更に最大2メートルの地盤沈下が想定されています。長期にわたる浸水地域になることは確実です。

 高知市下知地域は、二葉町も含め低地です。1946年の昭和南海地震は小規模と言われていますが、地域は一メートル地盤沈下し、地震後約3ヶ月間浸水しました。

 二葉町自主防災会は2006年12月に結成されました。 地域に自然地形の高台も耐震性のある公共建築物も皆無です。

   2007年に防災マップを作成する場合に大いに悩みました。
 そこで、町内の4階建て以上の民間マンション所有者にお願いし、自主防災会と町内会と、所有者とで3者協議をして、「津波時一時待避所」とさせていただきました。階段・廊下などの共用部分に、津波が襲来する24時間、30時間、退避させていただく場所を自主防災会独自にこしらえました。

 しかし3月11日の東日本大震災は、当時の「被害想定」を覆しました。地盤沈下もより大きくなり、地域の長期浸水状態は確定になりました。

 それで、橋渡し役の人たちがおられましたので、6月5日に仁淀川町へ二葉町関係者26人が訪問し、地元の方々と交流しました。

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/in-4869.html(モニター疎開IN仁淀川町)

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-8b71.html(新聞報道など)

 お互いの信頼関係をこしらえるため、仁淀川町の農産物を二葉町側が
直接購入し、町内で販売することから始めたいと思います。

 7月8日(金曜日)放送のNHK「四国羅針盤」の番組にもその動きが取り上げられました。

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/rashinban/rashinban_01456.html
 その番組の中で森部部長様が、
「長期浸水の地域に居住する県民に対しては、高台の
市町村への疎開や避難を想定した対策を検討したい」と
発言されていました。

 大変心強い発言として視聴したものでした。
高知県庁として、低地の長期浸水地域が予想される県民が、
高台の市町村に疎開や、避難、移住を前提として活動することに
サポートしていただけるのでしょうか?

 そのあたりをお知らせください。よろしくお願いします。

 二葉町自主防災会 西村健一  2011年7月28日

|

« 震災対策で正直疲れました | トップページ | 高知駅前の龍馬関連4億円施設についての費用対効果は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/52327833

この記事へのトラックバック一覧です: 高知県知事へのメール 返事が来るのだろうか?:

« 震災対策で正直疲れました | トップページ | 高知駅前の龍馬関連4億円施設についての費用対効果は? »