« 必要以上に卑下する必要はない | トップページ | 前途多難なサッカー・アジア3次予選 »

2011.08.24

身近な高知市内の歴史資源

8月21日の「南海地震講演会」で同席していました土居利光さん。その昔は車のセールスをされながら、高知市大川筋の武家屋敷の保存運動をされておられました。退職し70歳ということですが、とてもお元気な人。

 古い建物に詳しいというので、少しだけ解説をしていただきました。

 まず大川筋の水路と道路。わざと真っ直ぐにこしらえていないとか。外敵をすんなりお城下に侵入させない工夫であるとか。
Ookawasuzimichi2_r

 江ノ口川。昔は岸辺に隣接して家屋は建って居なかったとか。市役所が江ノ口川の護岸改修工事の財源確保のため、岸辺を分譲したということです。知りませんでした。
Enokuchjgawa3_r

 武家屋敷付近の一部残された塀。瓦に特色があるとのことです。
Dobei004_r

瓦になにやら模様が。魔よけの意味らしいとのこと。


Ikawarayane05_r

 武家屋敷。手嶋という上士身分の馬周り役人の屋敷跡。
Imbukeyashikizenkei01_r


 江戸時代は瓦は高価なもの。火災を防ぐために武士階級、上士身分は瓦屋根の家屋の建設が奨励されていたそうです。しかし財政的にシビアなため、鬼瓦がない瓦屋根であるそうです。
Bukeyashikiyane02_r

 門扉も工夫されています。普段は1枚扉からの出入り。公式行事では横の2枚扉が開くようです。
Bukeyashiki002_r

 門の横には3畳間ほどの使用人の部屋がありました。屋根のカーブは、貼り合わせの木ではなく、大木の曲線を利用してつくられたことがわかります。
Bukeyashikidoi01_r


Bukeyashikisiyouninheya04_r

 次から次へと説明を受けましたが、なんせ私のほうの許容量が小さいので、すべて聞き取ることは出来ませんでした。

|

« 必要以上に卑下する必要はない | トップページ | 前途多難なサッカー・アジア3次予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/52554003

この記事へのトラックバック一覧です: 身近な高知市内の歴史資源:

« 必要以上に卑下する必要はない | トップページ | 前途多難なサッカー・アジア3次予選 »