« 武市半平太も安政地震の罹災者でした | トップページ | 女子サッカーが日本のサッカーを強くする »

2011.09.12

岡田以蔵の再評価

 幕末期土佐藩では尊皇攘夷運動が、武市半平太が党首の土佐勤王党で盛んになっていた時代がありました。岡田以蔵も活躍していました。

 武市半平太の命で「人斬り」をしていた岡田以蔵。テロリストの印象が強く、最後は武市にも忌み嫌われていました。このたび岡田以蔵を再評価するイベントが、9月16日(金曜日)に高知市であるようです。
Okadaizou1


Okadaizou2


 高知駅前に土佐勤王当50年を記念して三志士像のストロール像が建っています。党首の武市半平太と脱会した坂本龍馬と中岡慎太郎像が建っています。層であるならば、副長の平井収二郎と岡田以蔵ではないかと思います。

|

« 武市半平太も安政地震の罹災者でした | トップページ | 女子サッカーが日本のサッカーを強くする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/52701104

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田以蔵の再評価:

« 武市半平太も安政地震の罹災者でした | トップページ | 女子サッカーが日本のサッカーを強くする »