« アクセス・ディンギーの大会のサポートしました | トップページ | ブラック企業も多いようだがその経営者に未来はない »

2011.09.26

神社の屋根は瓦葺ではない?

Zinnzxiya01_r_r


 作家五木寛之氏のエッセイ「若き友よ」(幻冬舎・1995年刊)を図書館で借りて読みました。

 そのなかで五木氏はこう述べています。

「神社はむかしもいまも、ずっとカワラを使っていません。

 寺でも。日野の法界寺の阿弥陀堂はカワラではなく、檜皮ぶきです。ぼくはあの阿弥陀堂のゆるやかに先のほうに反り返った屋根の曲線が大好きです。直線を組み合わせた裳階(もこし)と呼ぶひさしも美しい。


 日本人には、石やカワラよりも、植物を使った建築のほうに心を惹かれる傾向があるでしょ
うか。」(P64)とあります。
Yasukunihonden1_r_r

靖国神社は屋根に瓦を使用しています。神社が瓦屋根を全然使っていないということではないとは思います。でも全体的には瓦を使っていない傾向であることは確かですね。


|

« アクセス・ディンギーの大会のサポートしました | トップページ | ブラック企業も多いようだがその経営者に未来はない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神社の屋根は瓦葺ではない?:

« アクセス・ディンギーの大会のサポートしました | トップページ | ブラック企業も多いようだがその経営者に未来はない »