« 11月始めの野良犬メディア | トップページ | 大盛況の「昭和秋の感謝祭」 »

2011.11.03

手足の「首」部分の骨折には要注意

  2人の知人が手足の骨折がなかなか完治せずに悩んでいます。

 1人は80歳の女性。家の庭で転び手を突いたところが庭石。手首部分を強打、あまりの痛さで病院へ駆け込むと複雑骨折していたとか。早速手術。しかし細かい骨がいりくんでいたので、長時間の手術に。3ヶ月経過したいまも後遺症に苦しんでいます。

 もう1人は64歳の男性。こちらは1メートル程度の塀から下へ着地した瞬間に足首を骨折。こちらも大手術されたとか。2ヶ月の入院と長いリハビリでようやく社会復帰に、しかしあしにはボルトが埋まっているとか。

「走れなくなったよ。それに登り坂があると痛い・じわじわとゆっくり歩くしかないね。」とか。

 人間の体は複雑ですね。つくづくそう思います。

|

« 11月始めの野良犬メディア | トップページ | 大盛況の「昭和秋の感謝祭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/53075085

この記事へのトラックバック一覧です: 手足の「首」部分の骨折には要注意:

« 11月始めの野良犬メディア | トップページ | 大盛況の「昭和秋の感謝祭」 »