« 大盛況の「昭和秋の感謝祭」 | トップページ | 11月はじめのはりまや橋サロン »

2011.11.04

沖縄辺野古への米軍基地建設は無理である

  日米政府合意事項である米軍普天間基地の閉鎖ー移転ー辺野古への建設は、理屈で考えれば不可能であります。民主党政権は、どうしてそのことをアメリカ政府に言わないのか?不思議です。

 アメリカ側は「日本の国内問題だろうが」という高飛車な態度で出てきます。しかし地元の沖縄政界は自民党から共産党にいたるまで反対なのです。

 特に選挙で民主的に選ばれた名護市市長と沖縄県知事が辺野古への移設に反対していますから、無理なんです。民主国家なら当たり前のことです。

 アメリカも民主国家を標榜しているのであれば、自明の理であるでしょうに。なぜ地元の意向を無視し米軍基地を建設することを強行するのかわかりません。

 このままごり押しをすれば沖縄全島が反米闘争が盛り上がることでしょう。米軍はかえって沖縄に居辛くなるはずなんです。どうしてオバマ大統領も理解しようとしないのか。

 なかなかしたたかな沖縄県知事。仲井間さんにエールを送りたい。

|

« 大盛況の「昭和秋の感謝祭」 | トップページ | 11月はじめのはりまや橋サロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄辺野古への米軍基地建設は無理である:

« 大盛況の「昭和秋の感謝祭」 | トップページ | 11月はじめのはりまや橋サロン »