« 古い友人・知人たちの人生もさまざま | トップページ | サッカーの凄さ »

2011.11.22

今週も"駄作”の野良犬メディア

Photo

 週刊現代12月3日号を購入しました。朝の散歩で購入しましたが、すっかり寒くなりました。期待はしていましたがm内容も「とても寒い」ことでした。

 肝心要の「知りたいことが」まるでありません。欧州の経済危機と日本との関連性や、またなぜ円高になるのか?そのあたりを「ざっくり」と解説していただきたいのです。それをしないから、池上彰氏に頼ってしまいますね。

 野良犬は規制メディアが立ち入らない領域の情報をかぎまわり、集めて、公表しないといけない。そこらが弱いと思いますね。このままじわじわ世界不況になるのか。でも日本の政治は「消費税の値上げ」とか訳のわからない方向へ漂流しているようにも見えますね。

【インサイド・レポート】〈あなたの会社が危ない! トップ企業が次々「赤字転落」「業績不振」〉パナソニック、トヨタほか 深くて長い苦悩の始まり

大暴落!イタリア、スペインと来て次に狙われるのは日本国債だ

【全国民必読】〈大反響第2弾 どうせ当てにならない年金制度、「繰り上げ受給」で早く確保した方が賢い〉60歳から年金をもらおう 繰り上げの方法と、得か損かのシミュレーション

橋下徹 本誌調査ではやっぱり「圧勝」なのだが

ゴルファーの才能って何? 石川遼と松山英樹、将来はどっちが上?

【大研究シリーズ】死に損なわないために 「いい時に死にたい」それはいつなのか/人は何歳で死ぬのが幸せなのか/本当のところ、家族はどう思っているのか/誰も行きたくない「葬式」

【ぶち抜き大特集】「読売王国」クーデター 全内幕

・ナベツネじいさん、まさか、このオレに歯向かうとは

・〈魚住昭×玉木正之〉「ナベツネ独裁、それに異を唱えない読売社員って」

・〈いったい、どー思ってんだろ〉読売新聞記者たちに聞いてみたら

・ハワイでコケにされた どじょうの「悲劇」


・蓮舫大臣がテレビに出たい「理由」

|

« 古い友人・知人たちの人生もさまざま | トップページ | サッカーの凄さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週も"駄作”の野良犬メディア:

« 古い友人・知人たちの人生もさまざま | トップページ | サッカーの凄さ »