« 「第2回仁淀川町への訪問交流会」が開催されました。 | トップページ | こういう文章は誰が書くのでしょうか? »

2011.11.24

書くことのもどかしさ

 私個人とすれば「書きたいことは」山ほどある。あれもこれもと。しかし文章を手短に練り上げて書く時間も、才能もないようです。もどかしさだけで日が暮れて、1日が終ってしまう。

 夕食後の時間帯が「執筆」時間ですが、午後9時になるともう駄目ですね。頭が働きません。ブログもフェイスブックも書きたくはないですね。

 もっと知的な活動をしたいと思うのですが、どうも駄目です。自分の思想的な総括課題である「連合赤軍と新自由主義の総括」も「3・11」以来作業が進展していません。あまりに地震と津波・長期浸水が凄くて自分の「容量」を超えたからでした。

 それでもなんとかない知恵を振り絞り、考えをまとめ、公表していきたいと思います。

 IT機器やしくみは発達しています。機器操作を簡単にできる年代層は、「書くことがない」ようですね。「書くことがたくさんある」熟年層以上は、IT機器やあらたなSNSやツイッターが苦手で公表できないでいます。そのあたりも「もどかしい」ところです。

|

« 「第2回仁淀川町への訪問交流会」が開催されました。 | トップページ | こういう文章は誰が書くのでしょうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/53259517

この記事へのトラックバック一覧です: 書くことのもどかしさ:

« 「第2回仁淀川町への訪問交流会」が開催されました。 | トップページ | こういう文章は誰が書くのでしょうか? »