« 辺野古への移設は無理というものです | トップページ | 北代誠さんありがとう »

2011.11.06

どん曇・小雨・微風の夜須の海

 昨日が大雨だったから、今日は雨が」上がり、「どん吹き」になるのではないか。そう期待し、8時過ぎにはハーバーに居ました。ところが夜須へ着くと小雨が降っているではありませんか。

Yaaht02_r

 仕方がないので、自分のヨット(シーホッパー2)を艇庫近く前まで運びました。破れているヨットのカバーの修理(というかテープで張るだけ)をしました。
Yaahtcabar01_r

 今度YASU海の駅クラブの事務局員になられた横山さんがアクセス・ディンギーでの研修をされるそうです。ぎ装などのお手伝いをしました。
Adzixyunbi03_r
Acsesd07_r
 シニア・ヨットクラブのKさんがぎ装を教えておられました。
Yokoyamakusunose001_r

 そうこうしているうちに、シニア・ヨットクラブのWさんが到着。「海へ出よう!」と言われましたので、自分のヨットをぎ装しました。雨も降っているので、暑いかなと思いましたが、4ミリのウエット・スーツを着用しました。
Ws001_r

 それで海へ出ました。今日は風が弱いので洋上撮影をしました。ヨットは少ししか進めない状態でした。
Kagimimufuu012_r


Umi004_r


Umi470008_r


Watanabe019_r


Watanabe0024_r


 本当に風のないセーリングでした。戻るのに苦労しました。

|

« 辺野古への移設は無理というものです | トップページ | 北代誠さんありがとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/53178040

この記事へのトラックバック一覧です: どん曇・小雨・微風の夜須の海:

» 飯田りんご並木と高知・夜須の有安さん [川越だより]
明日から長野県伊那地方の高地を南北に貫く秋葉街道を走り、この辺りの風物を楽しむ旅をします。伊那といえばその中心は飯田です。僕にとって飯田といえば「飯田長姫高校」と「りんご並木」。  僕が中学校に進んだ1954(昭和29)年春、「小さな大投手」光沢を擁し...... [続きを読む]

受信: 2011.11.08 08:48

« 辺野古への移設は無理というものです | トップページ | 北代誠さんありがとう »