« 夜須中学ヨット部は復活させるべきでしょう | トップページ | 公務員はなぜ嫌われるのか? »

2011.12.12

どう津波から逃れ、どう生活するのか?

Shimozissinsui1946

 南海地震は周期性があり、単独で起きようが、東海、東南海と3連動で起きようが、高知市は震源地なので甚大な被害が出ることは間違いない。それも津波と長期浸水で二葉町は水没することは間違いない。

 生活の場も仕事の場も水没する状況にどう対処すればいいのか?東日本大震災以来頭を悩ませてきました。

 その答えの1つが「仁淀川町・二葉町交流事業」です。これを進展し、相互信頼関係を双方の地区の住民と行政同士がこしらえ、一時疎開場所を確保していく以外に方法はありません。その方法手段を来年以降は追及していくことになります。


|

« 夜須中学ヨット部は復活させるべきでしょう | トップページ | 公務員はなぜ嫌われるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/53365822

この記事へのトラックバック一覧です: どう津波から逃れ、どう生活するのか?:

« 夜須中学ヨット部は復活させるべきでしょう | トップページ | 公務員はなぜ嫌われるのか? »