« 日本人は"心がメルトダウン”している | トップページ | 電気ビルがなくなっていた! »

2011.12.29

岩崎寛さんのご逝去を悼む

 2011年12月15日に岩崎寛さんがご逝去されました。享年89歳でした。今は年に1度の取引となりましたが、昭和57年から平成3年ごろにかけては岩崎さんは社長時代であり、お世話になっていました。

 とくにわたしの防錆技術をご評価いただき、工場の鉄骨塗装や工業薬品に腐食しない塗料の選定を提案しますと採用いただきました。親子ほどの年齢差がございましたが、わたしの提案にも真摯に耳を傾けていただき、良かれと判断されましたら、すぐに行動していただきました。

 真摯な性格の方であり、紳士でした。偉ぶるところはみじんもなく、勤勉でアイデアマンでした。

 かつては農機具会社の下請け会社から出発。社業が順調に発展したところで、親会社が倒産。おおきな痛手をうけました。その後は造船部門へも進出されましたが、「造船不況で痛手を受けました。

 そのご苦労のさなかで「得意先を多角化しないといけない。どんなご要望にもこたえることは可能な限りします」と話されておられました。

 社業は順調に発展され、かつての親会社の工場跡を買い取り、新工場として稼動させ、社名も変更されました。後継者にも恵まれ順調に会社は成長されています。

 17日のお通夜の儀に参列させていただきました。多くの製造業の関係の皆様が参列されておられました。お通夜が終了するまで皆帰られませんでした。お人柄であると思います。

 今は殆ど取引がありませんが、一時期は大変ご指導をいただきました。そのことがわたしの人生の誇りとなっています。

 ご冥福をお祈り申し上げます。

|

« 日本人は"心がメルトダウン”している | トップページ | 電気ビルがなくなっていた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/53520686

この記事へのトラックバック一覧です: 岩崎寛さんのご逝去を悼む:

« 日本人は"心がメルトダウン”している | トップページ | 電気ビルがなくなっていた! »