« 感染力の強さには驚き | トップページ | 2011年の我が家の重大ニュースは? »

2011.12.19

市民がつくる防災フォーラムに参加しました

 12月18日、NPO高知市民会議主催で「市民がつくる防災ファーラム」が開催されました。
Kougi001_r

 前半は高知大学教授大年邦夫氏の講演と質疑応答。熱心な市民120人が参加していました。

 休憩時間にはガラスのフィルム張りの効果を表す実験。救命方法や、非常食や、非常時の通信方法などが展示されていました。
Garasufirumuharizxitukenn04_r


Aed001_r


Ntt002_r

 後半は3つのグループに参加者が分かれて、討議をしました。私が入ったのは「防災自治を考える」ところでした。1番参加者が少ないヘビーなコーナー司会は進行は防災寺小屋塾頭西田政雄氏でした。
Shinpoziumu002_r


Bousaiziti01_r

「流通段階の食品在庫だけであれば、大災害時にはすぐに食品はなくなる。」

「配色サービスで延命している高齢者や障害者も多い。自宅に食品の備蓄がないところもある」

「マンションへの避難ビルになる為には、入居者住民の合意が必要です。マンション住民も長期浸水地域では罹災者になるからです。慎重な対応をしています。」

 なかなか有益な会合でした。

|

« 感染力の強さには驚き | トップページ | 2011年の我が家の重大ニュースは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市民がつくる防災フォーラムに参加しました:

« 感染力の強さには驚き | トップページ | 2011年の我が家の重大ニュースは? »