« 凄いWIN-95がまだ現役だ! | トップページ | どうするプルトニウムの後始末 »

2011.12.14

窪川ー中村方面を巡回しました

  今日は日帰りで幡多方面への巡回に。平成の市町村合併で聞きなれた地名が失われ、未だになじみのない名前に。四万十市(中村)四万十町(窪川)への訪問でした。

 まずは土佐市のPAでトイレ休憩。手を洗おうとしたらこういう張り紙がでていまして、エアータオルが使用禁止とか。ノロウィルスや風邪もりゅうこうしているのにおかしな対応であると思いますね。
Tearai001_r


Siyoutyuushi001_r


 ハンカチを持参しないことらが悪いんです。でも感染症が流行してきているので、柔軟な対応が必要でしょう。みせかけの「経費節減」しても駄目ですね。

Kubokawaeki0001_r


Kubokawakiri003_r


Kubokawamachikiri02_r


 窪川は霧が出ていました。ライトを点燈して走行しました。でも片坂を降り、黒潮町へ来ると晴れ間がありました。
Ukitukaigann56gou2_r


Ukitukaigann56gousenn13_r


 以前にも記述しましたが、国道56号線は海沿いにあります。南海地震が起きて津波が来れば通行できなくなりますね。
Kamikawaguti012_r

 この集落も海と隣接しています。津波対策をしないといけないでしょう。

Nakamurashigai1_r

 中村市街地です。こちらはガソリンは149円でした・ローリーで運搬距離が長いとガソリンも高くなりますね。
Daikonudon1_r

 お昼はいろり屋で大根うどんを食べました。一路須崎へ。

Tosasaga01_r


 土佐佐賀も海に開いた町。津波対策が必要です。
Susakikousokudouro004_r

 須崎市も入り江が入り込んでいます。高速道路の高架も津波退避施設としての活用は必要ですね。

|

« 凄いWIN-95がまだ現役だ! | トップページ | どうするプルトニウムの後始末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/53483915

この記事へのトラックバック一覧です: 窪川ー中村方面を巡回しました:

« 凄いWIN-95がまだ現役だ! | トップページ | どうするプルトニウムの後始末 »