« イランはどこまでチキン・レースをやるつもりだ | トップページ | 新・下知図書館の「熱源」問題を高知市役所と協議しました。 »

2012.01.31

今週の「野良犬メディア」はまあまあか

Sg211gouhyoushi
 週刊現代2月11日号を朝の散歩でコンビニで購入読みました。「危機を煽る」のは週刊誌の得意技。今週号は「世界経済危機の恐れと」「大地震の恐れ」の2つのバージョンですね。

ただ「恐怖」を煽り立てるメディアは週刊誌に限らない。テレビなどのほうが動画なので、より迫力がある。週刊誌のような1週に1度のメディアは、ちゃんとした根拠のある裏取材があったこその「恐怖記事」でないと面白くはない。

 その点所詮は今週号も「ありきたり恐怖記事特集」に終始している。これは「日本の野良犬メディアの限界」かもしれない。しかし読者は400円支払い購読しているのだから(年間2万円近く支払っているので文句を言う権利はあります。)週刊現代もしっかりしてほしい。

 このままの体たらくでは読者はどんどんいなくなるでしょうから。真偽不明のネット記事に読者は流れますね。

 まず経済方面の「恐怖記事の」特集を読んでみた。
Sg001_r

【全国民必読】〈みなさん、このまま沈みますか、それとも立ち上がりますか〉これからの日本を考えるヒント

・このままズルズルと「国際競争」で負け続けるのか


・この「借金地獄」から抜け出せる日は本当に来るのか ほか


ギリシャは破綻へ 「世界恐慌」私の読み方

 このあたりは新聞やテレビ、あるいは「タレント経論家」の池上彰氏の解説とさして変らない。つまり新味はない。ギリシャの破綻は織り込み済みだし、欧州の不況も普通になり、中国経済も減速する。アメリカは大統領選挙でなりふりかまわない景気浮上策を打ってでてくる・

 TPPで日本からの収奪を狙っているのでしょう。


【週現スペシャル】〈億の収入がある人間たちの「本当の姿」〉大金を稼ぐ仕事は幸せか


・稼いでも稼いでも尊敬されないファンドマネジャーの嘆き


・「時給10万円」エリート弁護士たちの自己弁護

-
・「米国民の敵」元・ヤンキース井川慶の悲劇


・稼ぎすぎた金、さあどうやって隠そうか


・共通の悩みは「子供がドラ息子になること」


【特別対談】益川敏英×山中伸弥「無駄と失敗が僕たちの財産です」


〈ダルビッシュ 田中将大 中村剛也 坂本勇人 松田宣浩 ほか〉少年野球時代 彼らはすでに天才だったのか
Sgtoukyouzisin003_r


 次に日本列島巨大地震の恐怖。がありますね。東京の直下地震は4年以内に70%の確立で起きると東京大学地震研究所が発表しました。話題を呼んでいますが、意外に皆行動しようとしない。「ゆで蛙」状態で何の対策もしていませんね。東京の人たちは。他人ごと。


琵琶湖・富士山・桜島に不気味な異変が起きている


【ぶち抜き大特集】引っ越しますか? 「確率7割」もう避けられない東京直下型大地震 「自分だけは助かる」――根拠なくそう思っている人がいちばん危ない


・「7割」が意味するものは何か データはウソをつかない


・「震度7」首都圏はこうなる 準備した者だけが生き残るという現実


・〈齋藤孝 荻原博子 森永卓郎から専門家まで〉まもなく来る巨大地震 私はこう考える 「引っ越しを考えている」「運を天にまかす」


【LOOK!】


・輿石幹事長 人呼んで「政権の疫病神」


・岡田副総理は「疫病神2号」

・芥川賞作家の母校・下関中央工業高


・ダルビッシュ 慰謝料でなく「養育費」だった理由


・小島慶子アナで超人気ラジオ番組「3月打ち切り」


・NHK将棋番組24歳女流棋士の「巨乳」


・「花粉症」対策 今年はこれ
Sgkitatyousenn02_r


 北朝鮮の独裁者も大変なようですね。朝鮮半島の不安定は極東情勢にも影響。地震以上に緊迫原因ですね。

金正恩 早くもバレ始めたその能力

 せっかくの「有料コンテンツ.メディア」なんですから頑張っていただきたいものです。

|

« イランはどこまでチキン・レースをやるつもりだ | トップページ | 新・下知図書館の「熱源」問題を高知市役所と協議しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の「野良犬メディア」はまあまあか:

« イランはどこまでチキン・レースをやるつもりだ | トップページ | 新・下知図書館の「熱源」問題を高知市役所と協議しました。 »