« 日本は「シーレーン防衛」はすべきではないのか | トップページ | 構想を表へ出す前に、設計思想の点検が必要です »

2012.01.19

山陰道へ行きました。

  先週行く予定が、思わぬ大雪で日延べに。今日は気温が高そうだったので山陰に行くことに。いろいろ準備に手間取り出たのが午前8時半でした。
Setooohashi08_r

 瀬戸大橋をわたりました。いつ見ても豪快な気分で鳥瞰できる場所です。しかし欄干の手摺などが錆まくっています。高い通行料金を取ることでもあるし、周辺は国立公園なんでしょう。管理者はきちんと防錆塗装を行なっていただきたい。その場合は、うちの防錆屋を利用していただきたいものです。
Storankansabi12_r


Storankansabi21_r


Stosabi017_r

 やはり岡山県北部の中国自動車道の落合JCTから米子自動車道に入り、湯原を過ぎてからが、完全な雪景色になりました。雪に慣れていない南国人には恐怖の連続でした。
Yonagodouyuki001_r


Yonagodouyuki02_r
 道幅が狭くなり、対抗車とすれ違う区間は恐怖を感じます。
Yonagodouyukitaikousya01_r


 途中蒜山(ひるぜん)高原SAにて休憩。ランチタイムにしようと思いましたが、雪景色に仰天しました。道路とち駐車場は雪が溶けていますが、残っています。
Payuki4_r


Payuki007_r


Payuki06_r


Yukidaisen17_r


 一応4輪駆動車に、スタッドレス・タイヤにして、さらにチェーンを持参しました。今日は幸運にも1部アイスバーンがありましたが、なんとか南国人でも乗り切れました。
Yukikuruma0016_r

 漫画家水木しげる氏の出身地境港市。その近くの民間施設に水木しげる氏のキャラクター商品を販売する専門店がありました。品が豊富で驚きました。
Kitaroumise001_r


Kitaroug0001_r

 とにかく今日は暖かくて幸運でした。明日からまた寒波がやってきそうです。来週は完全な雪国に山陰道はなるようです。日本は広いと思いました。

|

« 日本は「シーレーン防衛」はすべきではないのか | トップページ | 構想を表へ出す前に、設計思想の点検が必要です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/53774708

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰道へ行きました。:

« 日本は「シーレーン防衛」はすべきではないのか | トップページ | 構想を表へ出す前に、設計思想の点検が必要です »