« 「決断できない日本」を読んで | トップページ | 流行遅れまくりの日々です »

2012.01.13

寒い時期の資源・不燃物ステーション

  月に1度の二葉町「資源・不燃物ステーション」の管理。荒木副会長以下、町内の班ごとに当番がステーションへ出てきて管理をされています。わたしも昨年は1年間当番でした。

 この季節は寒くて辛いです。日の出も遅いし。でもおかげで家庭の不燃物が出せますのでありがたいことです。

 「高知方式」でビン類も透明。黒、青、茶などと細かく分類され、管理されて置かれていきます。ダンボールも印刷ダンボールは「雑紙」として、従来のダンボールとは別に仕分けされるようになりました。

 市民の協力があればこそ、街中も清潔に保たれます。

Sigen01_r


Sigen002_r


|

« 「決断できない日本」を読んで | トップページ | 流行遅れまくりの日々です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒い時期の資源・不燃物ステーション:

« 「決断できない日本」を読んで | トップページ | 流行遅れまくりの日々です »