« 高知市の3・11風景 | トップページ | 「2011ベスト・エッセイ」を読んで »

2012.03.12

マージャンは何故消滅したのでしょうか?

  うちの子供たちもマージャンを知りません。私らの学生時代は、マージャンはパチンコと並んで娯楽の王様でありました。わたしは最近は全くパチンコはしませんが、ハイテク化して、難しくなっているようですね。これほど発展するとは正直子供の頃には思えませんでした。

 マージャンは一時期は、会社の営業の摂待にも使われ、マージャン大会なども開催されていました。それがいつ頃かなくなりました。会社の摂待や交流はゴルフに移って行きました。でもいまや若者たちや、わたしらずれの中高年世代も全くしません。どうなっているんでしょうね。

 これほど影も形もなくなる遊びも珍しいのではないのでしょうか?

 わたしが子供の時は、近所の人たちが毎日マージャンしに来ていました。母屋に祖父母たちが住んでおり、庭を挟んで別家屋に私たち家族は住んでいたからです。歯医者の人。自動車学校の教官。銀行員などが固定メンバーでした。歯医者さんはくるたびにチョコレートを持ってきてくれました。「そのわりに全然虫歯にならんね」と言っていましたね。

 わたしが10歳くらいの時でしたから、社会人になって会社員時代には東京でもしてましたから、ブームは30年ぐらい続きました。いまは痕跡もなく消滅しました。

 母もしていました。認知症状の進行防止のために、家族マージャンを復活させようかなとも思います。

|

« 高知市の3・11風景 | トップページ | 「2011ベスト・エッセイ」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/54115050

この記事へのトラックバック一覧です: マージャンは何故消滅したのでしょうか?:

« 高知市の3・11風景 | トップページ | 「2011ベスト・エッセイ」を読んで »