« ごみから見る街の姿 | トップページ | 元気な父(92歳)の姿が嬉しい »

2012.04.18

日本は地震列島・原発とは共存不可能

 この画像はある団体の新聞に掲載されていました。非常によく出来てわかりやすいので、スキャナーさせていただきました。情報は「共有化」しないといけないからです。

 これで見ますと日本は4つの大陸のプレートが衝突し、せりあがって出来た列島であることがよくわかります。プレートのぶつかるところは、巨大地震の震源域。また日本各地は活断層だらけです。
Kyodaisizinsingeneria


Nihonkatudansou


 にも関わらず、日本には既に54基の原子力発電所が立地し稼動しています。巨大地震や活断層に脅かされて立地しているのが一目瞭然ですね。
Nihongenpatu54ki


 菅前首相が「稼動停止」を言った浜岡原子力発電所。東海地震の地震エリアの中にあり、「もしも」の事態が起きれば被害は甚大です。
Hamaokagenpatu

 福井県にある原子力発電所の周辺は「活断層の巣」ではありませんか。もしもの事態になれば、関西の水源地の琵琶湖は汚染され、関西に人は住めなくなります。あらためてそう思いますね。
Wakasafukuikatudansougenpatu


 もう1つ気がつきませんでしたが、青森県六ヶ所村にある核燃料処理施設は、原子力発電所の廃棄物が集まっているので、より危険であるとのこと。ここにも活断層が発見されています。
Roxtusyomurakakusisetu


Roxtukasyokatudansou


 未だに福島第1原子力発電所の事故から収拾していません。危険な状態が続いています。
Fukushimagenpatuhigai


Fukushimagenpatu


|

« ごみから見る街の姿 | トップページ | 元気な父(92歳)の姿が嬉しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/54374256

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は地震列島・原発とは共存不可能:

« ごみから見る街の姿 | トップページ | 元気な父(92歳)の姿が嬉しい »