« ”甘党男子”のようです。 | トップページ | ごみから見る街の姿 »

2012.04.17

ヘルシー・ネットワーク

Titiyuusyokuaruhi

 ある日の父(92歳)の夕食のメニューです。なてことはない庶民の和食ですが、ご飯が違います。
 減蛋白食なのです。普通はご飯茶碗1膳には、3グラムのたんぱく質が含まれています。この減蛋白のご飯はその20分の1のたんぱく質しかはいっていません。

 おかずはやや少なめ。好きなお酒はOKです。

 腎臓専門医の植田一穂先生のご指導で主食のご飯、。もち、パンなどを減蛋白食にし、主食主体の減蛋白食を毎日父は実行しています。おかげで一時期クレアチリンが、4.0と最悪の状態になっていましたが、いまでは1・9程度になり下がりました。

 ヘルシー・ネットワークという減蛋白用食品専用加工食品販売会社のおかげです。
Hercygohan


Hersynet


|

« ”甘党男子”のようです。 | トップページ | ごみから見る街の姿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/54360370

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルシー・ネットワーク:

« ”甘党男子”のようです。 | トップページ | ごみから見る街の姿 »