« どうなっているガソリン価格 | トップページ | 沖縄が返還されて40年 »

2012.05.14

今年は牧野富太郎さん生誕150年です

Nkmakino

(日本経済新聞の1面コラムは 牧野富太郎評)


 今年は高知出身の植物学者・牧野富太郎生誕150周年といいます。そのことを日本経済新聞1面コラム「春秋」で知りました。地元でありながら、牧野富太郎氏を顕彰する行事やイベントには気がつかない。

 明治の文豪森鴎外と同じ年であったというのも初めて知りました。このコラムにあるように「植物と結婚した人」「植物の化身」のような人でした。

 牧野植物園には、驚くほど繊細で正確な植物画が展示されています。牧野氏自身の作品ですが見事なもの。書籍になっていましたので購入したほどです。

 また桁違いの借金王。そのことも全く気にしない。「君たちは僕のような大学者にお金を貸しているのですから名誉なことです。」なんてことも言われていたらしい。借用書も展示されています。

 それでもどうにもならず膨大な植物標本を売るしかないというときに、神戸の資産家が現れ牧野富太郎氏を支援し、貴重な植物標本の散逸は免れました。

 天衣無縫な牧野富太郎さん。でもご家族は大変であったと思います。特に奥様は偉いと思いました。

 牧野植物園には牧野富太郎さんの生涯や業績をわかりやすく展示されています。見ていて飽きの来ない展示です。

http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/whatnew1/satomi/satomi1.html

 驚くべき絵の才能です。写真よりリアルに植物を表現されています。

http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/whatnew1/satomi/satomi2.html

Himebotan21


|

« どうなっているガソリン価格 | トップページ | 沖縄が返還されて40年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年は牧野富太郎さん生誕150年です:

« どうなっているガソリン価格 | トップページ | 沖縄が返還されて40年 »