« 逃げ場がない住民はどうすればいいのか?(その1) | トップページ | 天下大乱の兆し »

2012.05.31

逃げ場がない住民はどうすればいいのか?(その2)

Kouyouhoikuen206_r

 近くに河川があり、建物はすべて平屋。乳幼児(零歳児も含め)130人。保母が30人の大所帯。指定避難場所は300メートル先の中学校。

 二葉町と同じ海抜0メートル地帯。乳幼児の足で7分かかるそうです。津波が来る前に逃げることが出来るのだろうか不安です。

 場所を高台地域に移転する。もしくは高層ビルに移転する。いろいろと思案しないといけないでしょうね。

 高知県の沿岸部に安全な場所はほとんどありません。都市計画上の観点から、市街地全体が高台部へ「丸ごと」移転する必要性は高いと思いますね。

 静岡県沼津市では「事前に高台移転を」決議した町内会もあります。

 凄い静岡県では事前の高台集団移転が実現! 

|

« 逃げ場がない住民はどうすればいいのか?(その1) | トップページ | 天下大乱の兆し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/54765572

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げ場がない住民はどうすればいいのか?(その2):

« 逃げ場がない住民はどうすればいいのか?(その1) | トップページ | 天下大乱の兆し »