« ゴーヤさんも成長してきました | トップページ | 人類の”未来への贈りもの”は核廃棄物なのか »

2012.06.11

ジョイ・リハで両親も頑張っていました

Joyriha2_r

 父(92歳)と母(86歳)は、要介護度1ですが、今のところは食事も着替えも、排泄も、入浴も1人で出来ます。とはいえ2人とも[超高齢者」であることは間違いありません。いつどんな変化が現れるのかわかりません。

 父は2008年9月に脳血管障害で、開頭手術をし、幸い身体麻痺はでませんでしたが、失語症になりました。造影剤の影響で腎臓が弱り、慢性腎不全となっています。週に2回植田医院に通院し、点滴治療しています。3度の食事は主食に減淡白食をとる事で、腎臓機能を健全に保ち、透析をさけています。ゴルフが趣味なので、休日にはゴルフ練習場へ連れて行っています。

 母のほうは4年前から軽い認知症と判定されました。最近は筋力の衰えから背中が猫背気味になりました。体操や筋力トレーニングが母にも有効です。母は金曜日には、はりまや橋商店街での[活き活き100歳体操](介護予防体操)教室へも連れて行っています、

 ジョイ・リハは介護予防フィットネス施設です。両親の健康寿命をできるだけ伸ばし、介護状態にならないように、頑張ってもらっています。

 さぼっていないか、どうか心配でした。集金の登竜で様子を見に行きました。最前列の右端の2人が両親ですが、」まじめにリズム体操もやっておりました。

|

« ゴーヤさんも成長してきました | トップページ | 人類の”未来への贈りもの”は核廃棄物なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/54935535

この記事へのトラックバック一覧です: ジョイ・リハで両親も頑張っていました:

« ゴーヤさんも成長してきました | トップページ | 人類の”未来への贈りもの”は核廃棄物なのか »