« 新・下知図書館の防災施設としての位置づけ | トップページ | 猛暑の中のはりまや橋サロン »

2012.08.03

市民参加の梯子段の原理は活用されているのか?

Siminsanka5ehashigodan_thumb_3_thum


 もともとは、都市再開発の市民参加の目安をチェッする方法として、アメリカの社会学sが考案したといいます。国の進路を決めるであろう、原発の再稼働問題。簡単に政府は再稼働を決めました。

 また今後のエネルギー問題を検討する公開ヒアリング作業も「お座なり」形式での実行となりました。何かがおかしい。何かが狂っています。

 原点に戻り考えrるべきです。

|

« 新・下知図書館の防災施設としての位置づけ | トップページ | 猛暑の中のはりまや橋サロン »

コメント

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012.08.03 05:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/55253300

この記事へのトラックバック一覧です: 市民参加の梯子段の原理は活用されているのか?:

« 新・下知図書館の防災施設としての位置づけ | トップページ | 猛暑の中のはりまや橋サロン »