« 第2回長宗我部元親初陣ウォーク | トップページ | BtoBネット活用セミナーに参加しました。 »

2012.09.26

日本国憲法は硬性憲法 簡単に改正できません。やれるところからやり、国民的議論を高めろ。

Kenpou9zixyou_r


  このところ1年ごとに日本国首相が交代したり、政権交代してギクシャクしているので、中国や韓国、ロシアにやりたいほうだい。言いたい放題やられている。日本の領土が不法に占領され、領海は侵犯される。

 やり返そうにもやりかえせない。それは日本国憲法による縛りがあるから。憲法を改正して、自衛隊を自衛軍にする。米軍と共同の作戦行動を取れるようにして集団的自衛権も認めないと日本の国防と安全保障は担えない。とくに自民党の保守勢力の皆さん方が声を大きくして言われている。果たしてそうなのか?

 簡単に日本国憲法を改正だとか言われていますが、日本国憲法は「硬性憲法」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AC%E6%80%A7%E6%86%B2%E6%B3%95と言われています。改正がとても難しい。

 確か国会議員の3分の2以上が憲法改正に賛成し、国民投票で過半数を得ないと改正はできません。ほぼ不可能に近いし、改正には物凄いエネルギーがいります。そんなことに政治家や国民各位がエネルギーを費やすよりも、現行憲法でやれることをまずやりぬくことではないのか。

1)自衛隊法を改正して、海上警備活動を海上保安庁と共同でやること。

2)領海警備のために艦艇の整備を充実させること。

3)日本のシーレーンを日本独自の海軍力で保持できるようにすること。補佐する空軍力と潜水艦防衛の整備に努めること。(画像の青いラインが日本のシーレーンです。)

4)国際世論に常に日本の領海警備、領土保持の正当性を訴え宣伝すること。

 などはわざわざ日本国憲法yを改正までしなくてもできることでしょう。

 どうしてもできないとなれば、そのときに憲法改正のための国民的な議論をすればいいんです。最初から憲法改正ありきでは、日本の国論が分裂し、より弱体化するだけですね。

|

« 第2回長宗我部元親初陣ウォーク | トップページ | BtoBネット活用セミナーに参加しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本国憲法は硬性憲法 簡単に改正できません。やれるところからやり、国民的議論を高めろ。:

« 第2回長宗我部元親初陣ウォーク | トップページ | BtoBネット活用セミナーに参加しました。 »