« 結局「命」も資力次第なのか | トップページ | 原子力発電を今後どう考えればいいのだろうか »

2012.09.02

久しぶりの夜須の海 のんびりとセーリングしました


 8月は悪天候でした。晴天時はサポートをしましたので、自分勝手に自分のヨットに乗ることは1回あったでしょうか?さすがにストレスがたまりますので今日は朝早くから夜須へ来ていました。

 今日は朝は8時半過ぎに夜須のハーバーに到着。ぎ装(ヨットの組み立て)をしました。自分のためだけにヨットで遊ぶのは久しぶりのような感覚ですね。それをしないと「自己回復」しませんので。
Harbar14_r


Haebar25_r

 絶好の晴天。セーリングはやはりこういうお天気のよい日でないといけないですね。朝方に夜須は雨が降ったようでした。
Gisoukanryou_r

 ぎ装を間違えないように慎重にしました。それだけで大汗を掻きました。
Zibun90307_r

 出艇前に青海苔がすぐにへばりつく斜路をデッキブラシでこすりました。みんながこするようになったので随分綺麗になりました。
Aonoriotoshi903_r


Aonorikireisyaro8_r

 今日は「海辺の学校 ヨット教室」が開催されるようです。ヨットには初めての皆様が、アクセス・ディンギーという転覆しないヨットで海へ出て、セーリングの楽しみを体験する講習です。
Yachht0taiken93311_r

 海へ出ました。今日は先週の台風の影響があった海とは異なり、凪いでいました。微風でしたが波が無いので、ヨットは気持ちよく帆走しました。
Yasauoki9_r

 しばらく1人で帆走していますと、シニア・ヨットクラブのWさんやKさん、IさんとOさんが海へ出てきました。
Watanabe7_r

 どんどん西の海面へ帆走しました。
Akaokaoki8_r


Akaokamezasu_r

 赤岡の白灯台を、めざしました。夜須には赤灯台があります。赤灯台から白灯台へのセーリングです。とても気持ちが良かったです。

 赤岡の白灯台でタッキングしました。あとから来られたWさんとKさんもタッキングしています。
Akaoka_r

 赤岡沖から夜須を見ています。

 本当に気持ちの良いセーリングでした。
Uminagi3_r


Acsesdingy21_r

 お昼前に上がり、昼食を食べました。そしてまた赤岡をめざして帆走。白灯台前でタッキングして夜須へ帆走しました。
 
 ところが午後2時を過ぎたあたりからまたしても天気が下り坂に、特に夜須の谷あたりには雷雲がかかってきてごろごろ鳴り出しました。雷様は嫌なので断念して上がりました。

 やはり予想どうり雨なりました。朝の上天気が嘘のように分厚い雨雲が張り出して来ました。撤収しました。
Kumoriame7_r

 右足のかかとを痛めてしまいました。ひょっとしたら骨が折れているのかもしれません。着艇してヨットをトレーラーに乗せ、自分で斜路を上げます。そのとき、斜路に穴が開いています。その穴に尖がった石が入り込んでいたのでしょう。右足かかとで踏んづけたようです。立てないぐらいに痛いです。

|

« 結局「命」も資力次第なのか | トップページ | 原子力発電を今後どう考えればいいのだろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/55555816

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの夜須の海 のんびりとセーリングしました:

« 結局「命」も資力次第なのか | トップページ | 原子力発電を今後どう考えればいいのだろうか »