« 下知地区減災連絡会設立総会が開催されました。 | トップページ | 吉田茂の業績と功罪を検証しよう »

2012.10.03

「脳と運転の研究」に父(93歳)も協力しました。

Titidoutaisiryoku


 10月1日には叔母たちを高知空港へ見送りました。午後2時過ぎからは、高知検診クリニックで[脳と運転の研究」に父は協力しました。父は頭部MEI検査をし、動体認知診断を受けました。

 そして脳ドックセンター長の診断も受けました。

「脳の血管は動脈も静脈も綺麗です。ただ脳の中央部がすかすか。脳の機能が失われています。基本的には車の運転は無理です。」

「でも高齢化社会なので、今の車の運転は無理でも、安全な車が近い未来に開発される可能性もあります。そのための研究でもありますから。また協力をお願いするかもしれませんので、よろしくお願いします。」とのことでした。

 無料で検査していただきました。今日は叔母(91歳)、母(86歳)、父(93歳)と付き合っていたので、なんだか疲れました。みなそれぞれ元気ではありますが、往年の元気さはありません。
 
 人間いずれお別れが誰にでも来ますが、できるだけ元気であっていただきたいものです。 

|

« 下知地区減災連絡会設立総会が開催されました。 | トップページ | 吉田茂の業績と功罪を検証しよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/55792135

この記事へのトラックバック一覧です: 「脳と運転の研究」に父(93歳)も協力しました。:

« 下知地区減災連絡会設立総会が開催されました。 | トップページ | 吉田茂の業績と功罪を検証しよう »