« 福井県では原発立地は無理ではないのか | トップページ | 建設会社の本社を取り壊していました »

2012.11.07

11月のE コマース講習会を受講しました。

Sasamoto12_r


 高知県産業振興センター主催の6回連続の有料セミナー「E コマース講座」(講師・笹本克氏)の3回目でした。

 6社が参加している少数受講者セミナーだけに、詳細な箇所まで公表され、手厳しい批評も時に浴びることもあります。わたしなどホームページについては「ノーテンキな」だけに、シビアな講評もいただきました。

「現場視察や、仕様提案は、今後は有料にするようにホームページに掲載すべきでありますね。自分の価値を高く売ってください!」

「全国各地の事例をアドバイスしている様子を、ホームページで表現してください。」

「錆に困っている人は全国にたくさんおられるので、ちゃんと評価される仕組みをこしらえないと。」と言われてしまいました。

 ちなみに私が制作した「防錆屋」のホームページです。http://www.nc-21.co.jp/

 今日の講演も概念的な話をされました。とても大事なことであると思いました。

「アクセスログを解析して、ある日から急にぺージビュー(見る人)が増加し、1人あたりのサイトの滞在時間が増加し、売上も上がったとします。それはなぜかを分析しないといけない。

 人はうまくいかないときは、必死で改善策を考えますが、逆にうまくいっているときは思考停止状態になり、なにもしない。それがいけない。」

「うまく行ったら、それを”つかいまわす”ことを意識してしないといけない。キーワードがヒットしたら、それを”使いまわして”可能な限りの媒体で広報宣伝すべきです。」

「つかみが大事です。ある工務店さんはお客さんに、ブーツを履かれますか?と質問をしました。履くと回答した顧客には、ゆったり目の靴箱を提唱。靴が蒸れない工夫をしました。

 顧客はその工務店を全面的に信頼し、新築物件を依頼しました。」という事例も紹介いただきました。

 単なる「幸運」とせず、成功事例を分析し、何度も「再現」できるかどうかが、サイトが顧客に支持されるかどうかの分かれ目ですね。ともいわれました。

 なかなか「道は遠い」ですが、

|

« 福井県では原発立地は無理ではないのか | トップページ | 建設会社の本社を取り壊していました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月のE コマース講習会を受講しました。:

« 福井県では原発立地は無理ではないのか | トップページ | 建設会社の本社を取り壊していました »