« 11月初めのはりまや橋サロン | トップページ | 父のゴルフ打ち放しと久しぶりの海 »

2012.11.03

日本国憲法はそんなに悪い憲法なのか?

Kenpou1koufusiki1

 一部のファシスト思想を信仰する人たちは「日本国憲法を改正して、米軍と共同して軍事行動できる普通の国にならないといけない。それが国際貢献だ。」と声高に言われています。そんなに日本国憲法悪い憲法なんでしょうか?

 上の写真は、1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日を記念して天皇陛下も臨席して開催された式典です。国民の多くが新憲法公布を喜んでいました。

 そのありがたみを真摯に感じない一部の人達が憲法改正を言い立てているのでしょう。全く必要はないと思いますね。

 3日は「文化の日」でもあります。じっくり文化行事や文化に浸ろうと思います。

午後6時から、高知市はりまや橋商店街にて、映画「普通の生活」(吉田泰三・監督作品)が上映されますので鑑賞に行く予定です。

|

« 11月初めのはりまや橋サロン | トップページ | 父のゴルフ打ち放しと久しぶりの海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本国憲法はそんなに悪い憲法なのか?:

« 11月初めのはりまや橋サロン | トップページ | 父のゴルフ打ち放しと久しぶりの海 »