« 久しぶりのゴルフ打ち放し練習へ行った父(93歳)です。 | トップページ | 不気味な夜須の海でした »

2013.03.10

3月はなにかと「転機」の時期ですね

 3月に入ってこのブログも「日誌風の感想」が多い。連続していますね。それは3月は季節の変わり目であり、同時に人生の転機でもあるからです。

 1972年の3月は高校を卒業できなくて、どうするのか悩んでいました。退学し労働運動に参加するか。それとももう1度留年し、卒業して進学するのか。高校側は自主退学を執拗に薦めた。結局私も母親も意地になり留年することを決めました。春休みの間高校側から一切の連絡はありませんでした。

 1973年の3月は、大学へ合格し、高校も卒業出来ました。下宿探しに上京し、高知から親元を出ました。
1977年3月は、無事大学を4年で卒業。尼崎市が本社の会社へ入社。独身寮へ入居し、新たな出会いがありました。

 1980年3月は、就職していた会社を退職し、高知へ戻って来ました。前年に家内と結婚しました。

 それから時代は下り、2000年の3月には長男が高校を卒業し、大学の下宿探しに行きました。2006年3月には娘が高校を卒業し、大学の下宿探しに行きました。家族の歴史や個人史でも3月は「節目」の季節です。

 そして今の時期、3月から仕事が本格的にせわしくなります。地域活動もです。精一杯頑張ります。

|

« 久しぶりのゴルフ打ち放し練習へ行った父(93歳)です。 | トップページ | 不気味な夜須の海でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/56850864

この記事へのトラックバック一覧です: 3月はなにかと「転機」の時期ですね:

« 久しぶりのゴルフ打ち放し練習へ行った父(93歳)です。 | トップページ | 不気味な夜須の海でした »