« 大丈夫なのか日銀の大幅金融緩和政策 | トップページ | 長老の家の防錆塗装をしました »

2013.04.10

母を連れて整形外科へ行きました。

Haha


 腰が痛い。歩けない。と母が言うので、近所の田村内科・整形外科へ連れて行きました。普通なら徒歩5分の距離ですが、車で連れて行きました。

 待合室で待っていますが、なかなか母の順番が来ません。母はいられて、「遅いね」を繰り返し、何度もトイレに行きます。写真は病院へ来て3回目のトイレ。

 「保険書は出したね。」と何度も同じことを5分置きに言います。座っていると腰は痛まないので「何しに来たんだろう。病院へ来る必要はない。帰りたい。」と我儘なことを言い出します。その都度、温厚に「もうすぐ順番になるからね。」と言いましたが混んでいるのでなかなか順番が来ないので正直疲れました。

 ようやく名前を呼ばれ、診察に。腰が痛いう旨を言いますが、母は医師の前では「たいしたことはありません。」なとと心にもないことを平気で言います。発言を訂正させ、腰の痛みが増していることを医師に伝達しました。そしたら腰部のレントゲンと、骨密度測定をするとの事でした。

 昨年の9月にも来ています。」その時よりは骨密度が少し下がっていました。同年代の女性の平均の86%、20歳の女性の53%の骨密度でした。
Hahakoyumitudo403

 圧迫骨折もそれほど酷くはないようでした。やはり本人は痛がっても外出させ、散歩させないといけないようです.。

 母を連れて病院へ行くと、落ち着かないのでとても疲れます。

|

« 大丈夫なのか日銀の大幅金融緩和政策 | トップページ | 長老の家の防錆塗装をしました »

コメント

しばやんさんアドバイスありがとうございました。母の場合は87歳ですが、全部自分の歯です。

 10年前も階段で転んで腕を骨折しましたが、普通に治癒しました。骨は丈夫でした。

 ただ加齢とともに骨がどうしてもスカスカになるそうです。食物からは牛乳や小魚、納豆は毎日摂取していますが、吸収力が悪くなるそうです。

 カルシウム補給の薬も処方され服薬しています。ある意味しかたがない状態というのが医師の診断でした。

投稿: けんちゃん | 2013.04.11 07:16

ご無沙汰です。

私もカルシウム摂取不足で腎臓結石になり、2度破砕手術をしたことがあります。
「カルシウムパラドクス」といって、カルシウム不足であるために、骨を溶かしてカルシウムを奪い取ろうとし、それが腎臓などに結石を作る原因になるということを聞いたことがあります。骨粗鬆症も同様の理由で、カルシウムを奪われるために骨がスカスカになるとのことでした。

それ以来食生活を改めて、手術するようなことはなくなりました。
カルシウムは食事でしっかり摂取しないといけません。食生活は家庭により栄養バランスに偏りがあることが多いので、気をつけられた方が良いですよ。
http://www.ke-ms.info/04/calcium03.html

http://www.ke-ms.info/04/calcium02.html

投稿: しばやん | 2013.04.10 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/57104769

この記事へのトラックバック一覧です: 母を連れて整形外科へ行きました。:

« 大丈夫なのか日銀の大幅金融緩和政策 | トップページ | 長老の家の防錆塗装をしました »