« 細々でも交流は継続します | トップページ | 朝日新聞高知版が下知減災連絡会の活動を掲載 »

2013.05.30

懸命に地域活動をしていますが、なかなか理解はされませんね。

  自分なりに懸命に地域活動(自主防災会)活動はしていますが、町内会へも浸透は今ひとつであるし、行政側の理解も今ひとつです。なんだか空しい。

 明日は防災部会の講演会がありますが、集客には正直自信がない。あさっては仁淀川町への田植え体験ですが、3月から呼びかけているのに参加者は少数。正直がっかりでです。なんだか疲れました。

 自分が焦りなのか、事業に支持が集まらないことへのいら立ちなのか、言葉がとんがってきています。それではいけないでしょう。手にとげがあれば握手は出来ませんから。

 ここは我慢してふるまわないといけないのでしょうが、精神的な限界も来ています。

 一生懸命やって結果が出なければ、それまでですね。仕方がないとあきらめましょう。

|

« 細々でも交流は継続します | トップページ | 朝日新聞高知版が下知減災連絡会の活動を掲載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/57457450

この記事へのトラックバック一覧です: 懸命に地域活動をしていますが、なかなか理解はされませんね。:

« 細々でも交流は継続します | トップページ | 朝日新聞高知版が下知減災連絡会の活動を掲載 »