« 「日本共産党」を讀んで | トップページ | 10月最初のジョイ・リハ(介護予防リハビリ) »

2013.10.03

とうとう60歳になってしまいました。

  何の業績を上げることもなく、財産もこしらえることもなく、なんとなく60歳になってしまいました。家内は2月に60さいになっていますので、「還暦夫婦」となりました。

 ノンキャリアの勤労者であれば、退職する年齢です。公務員であれば、たんまり退職金をもらい、共済年金でなに不自由のないリタイヤ生活が満喫できるのでしょうね。商売人はそうはいかない。多分死ぬ前日まで働いていることでしょう。

 父は94歳、母は88歳になります。まさにこれから「老・老介護」になっていくのです。大変ですが諸制度を活用してしないといけないでしょう。最近の大きなテーマです。

 最近の大きなテーマと言えば「南海トラフ巨大地震から下知地域で生きのびる」事と、「両親のケア」ですね。それが主要テーマ。あとのことは枝葉末節ですね。

 「連合赤軍と新自由主義の総括」もそろそろしないといけないですね。

 どうやら「南海トラフ巨大地震から下知地域で生きのびる」ことは、国政を変えないと難しいと思うようになりました。原発が稼働している状態では生きのびることは難しいからです。時間的にも金銭的にも余裕のない市井の市民にいったい何かできるのか。

 それを提示していかねいといけない年齢となりました。少し体もメンテナンスをして頑張ってみようと思います。

|

« 「日本共産党」を讀んで | トップページ | 10月最初のジョイ・リハ(介護予防リハビリ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/58238424

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう60歳になってしまいました。:

« 「日本共産党」を讀んで | トップページ | 10月最初のジョイ・リハ(介護予防リハビリ) »