« 細川―小泉コンビは頑張ってほしい | トップページ | 記録映画「標的の村」を鑑賞しました。 »

2014.01.24

特定秘密保護法の危うさを女性週刊誌が的確に指摘

Jyoseizisin1_r


 最近は新聞を定期購読していない人が増え、ネットでニュースは無料で検索し見ているので十分であると嘯く人がいます。しかしネット関係のニュースはMSN産経にみられるように、原発推進・安倍政権支持を露骨に推進している産経系ウエッブメディアが多いことを認識しないといけない。

 「読む力」が衰えている人が、いろんな仕掛けや興味を引くネットニューズを呼んで行くうちに、「中国韓国はけしからん」「国の将来を見据えて戦没した人たちを祀る靖国神社に日本国首相が参拝することが何が悪い。」と産経系のWEBメディアは煽り立てる。

 しかし産経系WEBメディア(MSN産経・yahooニュース、ZAKZAK、IZAなど)には、特定秘密法案についての言及はほとんどありません。「わざと」スルーしているのです。

 その点父が通院している植田医院の待合室で見かけた「女性自身」の記事には驚いた。
「これが特定秘密法の正体だ!千葉県X市に核処分場を・・」「処分場建設も特定秘密」とある。

 千葉県の知人に確かめますと、その「候補地は」千葉県の内陸部にあり、沿岸から離れ、高台で地盤が固く、火山帯や地下水脈もなく、活断層もないとか。しかも国有地であるとのこと。ありえない話ではない。

 ある日突然工事が始まり、柵で囲まれ完成したら、そこは高レベル放射性廃棄物最終処分場であった。というお話も嘘ではないかもしれません。

 女性週刊誌は談合記者クラブにも入っていません。また産経系WEBメディアからも独立した存在。芸能やダイエットやファッションの話題が主体の女性雑誌ですが、「硬派」の記事には脱帽です。                          Jyoseizisin2_r


|

« 細川―小泉コンビは頑張ってほしい | トップページ | 記録映画「標的の村」を鑑賞しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特定秘密保護法の危うさを女性週刊誌が的確に指摘:

« 細川―小泉コンビは頑張ってほしい | トップページ | 記録映画「標的の村」を鑑賞しました。 »