« 4月最初の夜須の海 | トップページ | 寒い日ですが両親は元気です »

2014.04.06

焼け跡に見る事態の深刻さ

Yakeato1_r


 こちらは2年前に火事になった高知市二葉町の火事現場跡です。出火原因が未だにわかってはいません。この家から出火したようですが、当時は誰も住んでいなかったとの事です。

 二葉町の住宅密集地で火事が発生。防火も防災対策で大事です。(2012年4月)

http://futaba-bousai.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-1467.html

 出火後類焼した隣の家屋は解体され、更地になっていますが、火元になっていた家屋は焼き焦げた柱がそのまま残されています。少し異様な光景ですね。
Yakeato2_r


Yakeato3_r

 考えられるとすれば、家屋を解体し更地にすれば高知市の場合は、「固定資産税が3倍になる」からでしょう。

 高知市二葉町では空き地が増えています。古家を解体し、売却を目的に更地にした。しかし「震災想定の公表。浸水予想の公表」以来、全く土地の売買が実質なくなりました。

 売れない土地なのに、更地にすれば固定資産税が3倍になる。そうなりますと家を解体する動機がなくなりますね。深刻な問題であります。

Akitifutabatyou_r


|

« 4月最初の夜須の海 | トップページ | 寒い日ですが両親は元気です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/59380253

この記事へのトラックバック一覧です: 焼け跡に見る事態の深刻さ:

« 4月最初の夜須の海 | トップページ | 寒い日ですが両親は元気です »