« 20年ぶりに風邪をひきました。 | トップページ | 二葉町町内会の総会が開催されました。 »

2014.04.08

100年の計で津波対策を 防錆対策も重要です

Tunamihinatawar1_r

 国土強靭化法や南海地震対策特別措置法の関係で、高知県沿岸部には110基の「津波避難タワー」と言う施設が急ピッチで建設されています。1基は小さいもので1億円。大きなものでは2億円ぐらいかかっています。

 津波の衝撃に耐えられるように、基礎を深く打ち込んでいます。取りあえずは沿岸部地域の住民には安心安全の施設になっているようです。

 心配なのは写真の津波雛タワーは亜鉛メッキ性であるということですね。沿岸部であれば、海塩粒子の影響は確実に受けますので、亜鉛メッキは消耗し、早ければ10年程度で錆が発生するでしょう。

 亜鉛メッキと相性が良く、防錆力がある防錆塗料を塗装する手立てをしておかないといけませんね。ちゃんとしたメンテナンスの計画をたてているのでしょうか?そこまで頭が回っていないようですね。

 10年なんて「あっと言う間」ですからね。安全・安心な施設というものは、人が住んでいる限りは永久に維持管理しないといけないのですから。

 ローマ帝国時代の社会基盤である道路や橋や水道は、500年間維持していたと言われています。「国家100年の計」と言います。地震防災、津波防災に関しては、最低は100年単位で物事を考えるべきです。南海地震は100年に1度の頻度で起きていて、6000年間に25回起きていると言われていますから。

Tunamihinnatawar2_r

|

« 20年ぶりに風邪をひきました。 | トップページ | 二葉町町内会の総会が開催されました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/59362578

この記事へのトラックバック一覧です: 100年の計で津波対策を 防錆対策も重要です:

« 20年ぶりに風邪をひきました。 | トップページ | 二葉町町内会の総会が開催されました。 »