« 殺人兵器の輸出などすれば国の破滅 | トップページ | 母とお菓子屋まで散歩しました »

2014.05.05

こどもの日はうちでは「爺さん婆さんの日」です

 今日は「こどもの日」うちは子供たちが独立して出て行っているし、子供たちには未だに伴侶がおらず、孫たちもいないので無縁な出来事になっています。
Titig1

 それで父(94歳)の体育活動、リハビリとして朝はゴルフ練習場に来ています。雨のせいか多くの人たちが来ています。調子よく父は球を打っていました。
Titig3hon

 晴耕雨読で父が球を打つ間は読書タイム。前回に引き続いて立花隆氏の「読書脳」(文芸春秋社・刊)を読んでいます。書評で立花氏はこう書いています。

「インターネットをうまく利用すれば、たしかに質が高い情報に出会うことができる。しかし実際には、みんな自分がわかりそうな低品位の情報だけを選び、自分と同類の人だけ交信し合う結果、「バカはバカとだけ交信し、もっとバカになるという低レベルの情報平準化現象が起きている。

 結局「インターネットは世界を白痴化させるシステム」になっているのだ。
「ヘッドライン(だけでわかったつもり)症候群」「チェック(しなきゃ)症候群」「コメンテーター症候群」「根拠なき権威症候群」などたいていの人が思い当る症候群だろう。」(P58)

 言いえて妙というのはこのことでしょうね。「スマホに夢中で赤ちゃんずれの母親に席を譲らない人でなし」や、「歩きスマホ」とか、「ヘイトスピーチしている人たち」なんぞもこの類でjはないでしょうかね。

 結局「異論を根気よく聞いて対話する努力」をしなければ、同調ばかりで楽な方向に行くと、情報機器で「余計にバカになる」と言うことですね。わたしなんぞも「思い当たる」ことばかりです。

 父(94歳)は早い昼食をとった後、午後からは母(88歳)と一緒に介護予防通所リハビリへ行く予定です。午前中はゴルフ・リハビリをしたので、今日は1日体育の日ですね。
Titi505_r

母(はあいかわらず繰り言を言います。
Haha505_r

「今日は何ぞね」

「ジョイリハの日よね」

「お爺さんも一緒かね。」

「お爺さんも一緒よね」

「このバックはなんぞね重たいか?」

「お爺さんとお婆さんの着替えがはいっておるがよ」

「えらい重たい。いらんがやないかね。」

「施設が持ってくるように言うたがよ。」
Jr1_r

Jr2_r


 12時10分過ぎに介護予防通所リハビリの送迎車が来ました。小雨ですが両親は元気に行きました。何よりです。午後4時半過ぎに戻ってきます。今日は雑用の整理日です。

|

« 殺人兵器の輸出などすれば国の破滅 | トップページ | 母とお菓子屋まで散歩しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/59586438

この記事へのトラックバック一覧です: こどもの日はうちでは「爺さん婆さんの日」です:

« 殺人兵器の輸出などすれば国の破滅 | トップページ | 母とお菓子屋まで散歩しました »