« ビリー・ジョエルの映画を観賞しました。 | トップページ | メキシコVSクロアチアを撃破 »

2014.06.24

父は95歳になりました

Titi6232_r_2

 1919年(大正8年)6月24日生まれの父は、今日無事に95歳の誕生日を迎えることが出来ました。健康寿命を維持し、2本足直立方向が出来、歯も全部自分の歯です。慢性腎不全ですが、今のところ小康状態です。

 介護認定を受けていまして現在は要支援2です。月曜と木曜日には、介護予防通所リハビリをしています。週に1度はゴルフ練習場で、球を125発打っています。天気が良ければ、午後から1時間ほど散歩をしています。

 農家の8人兄弟の二男。旧制の工業高校を卒業後、朝鮮総督府の鉄道技師をしていたとか。徴兵され退職。ほどなく結核になり長期療養を余儀なくされ除隊。再び招集されるも幹部候補生として訓練中に敗戦。命拾いをしました。敗戦後は県庁へ就職。知人の薦めで製紙会社に転職。在職中に小さな会社を起業し、今日に至ります。

 体は小さな父でしたが病気をして休んだことはなく、2008年9月に脳血管障害で倒れるまで現役で仕事をし、自動車も運転していました。幸い身体麻痺は残りませんでしたが、検査のための造影剤の影響で、慢性腎不全となり、現在植田一穂先生の指示に従い、減タンパク食、水分補給と適度な運動で、健康を維持しています。

 3歳年上の姉が9月で98歳となります。母も11月で89歳となります。超高齢者ですが、健康寿命を維持し、100歳になってもゴルフが出来るようになってもらいたいたいです。
Nyosimasajr1_new_r


Nyosimasajr2_new_r

6月23日には介護予防通所リハビリ施設にて、写真を写していただいたようです。週2回のトレーニングを楽しみにしています。主治医の植田先生の許可も得ましたので、来月7月からは週3回のトレーニングにして健康増進に努める父です。

 人の命には限りがあります。「東京五輪は見たい」と父は言います。あと6年後です。101歳でも元気で健康であっていただきたいものです。

|

« ビリー・ジョエルの映画を観賞しました。 | トップページ | メキシコVSクロアチアを撃破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/59864371

この記事へのトラックバック一覧です: 父は95歳になりました:

« ビリー・ジョエルの映画を観賞しました。 | トップページ | メキシコVSクロアチアを撃破 »