« アルゼンチンVSドイツを見ました | トップページ | 庶民の味方(?)の自動販売機 »

2014.07.14

両親は介護予防通所リハビリへ行きました。


_new_r

 週初めの月曜日は父(95歳)は忙しい。朝1番には植田医院で診察と点滴をしないといけない。植田一穂先生の診察を受けました。

 「7月11日の血液検査は数字が悪くなっています。クレアチリンが前回(7月4日)が、「2・21から2・55」に。「尿素窒素が19・5から24・5」になっています。

 主に脱水症状と思われます。水分をこまめにとってください。」という診断でした。なかなか水は飲めないもの。1日500ML入りの水の補給目標は2000MLですから。

 でも心配はいりません。水分補給だけに気を付けてくださいとの助言をいただきました。なお一層の不努力が必要です。植田先生もお奨めされています。午後からは介護予防通所リハビリ施設へ、母(88歳)と一緒に行きました。
Titi713_r

 送迎車が車での待機時間は、母との会話に時間です。

「今日はどこへ行くがね?」

「ジョイリハ(介護予防通所リハビリ施設)へ行くがよね。」

「お爺さんも行くがかね?」

「お爺さんも一緒に行くが。」

「中種(はりまや橋商店街の古い名称。金曜日に行っています。)かね?」

「中種やない。今日はお爺さんと一緒に行くが。」
Haha713_r

 小雨の中送迎車が来てくれました。今日もスロー・トレーニングをしてきていただきたいです。午後4時半頃戻って来ます。お蔭様で、行き出してから両親とも足腰が丈夫になりました。

Jru1_r


Jrh2_r


Jrh3_r


|

« アルゼンチンVSドイツを見ました | トップページ | 庶民の味方(?)の自動販売機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/59983168

この記事へのトラックバック一覧です: 両親は介護予防通所リハビリへ行きました。:

« アルゼンチンVSドイツを見ました | トップページ | 庶民の味方(?)の自動販売機 »