« 日本人は議論が上手くない | トップページ | まだ紅葉には早いですね »

2014.10.23

現実味がある「老人破産」

Sgr1_r

 週刊現代の10月11日号のP168の[老後破産 200万人の衝撃」の11ページにわたる特集記事は、とてもリアル。「さもありなん」と思う。わたしは収入が低いので、健康に注意し、飲酒は極力控え(家での飲酒)もしなくなりました。
Sg2_r

 記事を読みますと、「病気をすれば即破産」であることがわかるはずです。下の子供が大学を卒業した時点で生命保険も解約しました。家内とは「もし癌になっても高額医療はしないようにしよう」と言い合っています。そうなれば人生はゲームオーバーだとあきらめます。
Sg3_r

 見出しだけなぞるだけで十分。わたしの場合は「破産することは間違いない」。病気をせず、高齢者になっても働き続けることができた場合のみ破産はしないでしょう。
Sg4_r

 大企業や公務員のように「退職金と年金で悠々自適」なんてできるはずはない。祖父たちは死ぬ3日前まで働いていました。(80歳で亡くなりましたが)。父は89歳まで現役でした。
Sg5_r

 破産しないようにわたしも病気をせずに働き続けます。
Sg6_r


Sg7_r

|

« 日本人は議論が上手くない | トップページ | まだ紅葉には早いですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/60411407

この記事へのトラックバック一覧です: 現実味がある「老人破産」:

« 日本人は議論が上手くない | トップページ | まだ紅葉には早いですね »