« 暮れの果てに車がちゃがまる(壊れる)とは | トップページ | 師走ですが父(95歳)も母(89歳)も元気です »

2014.12.19

高知市下知地域の情報伝達手段として国際信号旗を採用します。

 南海トラフ巨大地震で低地(海抜0メートル地帯)の高知市下知(しもじ)地区。二葉町の隣町にある若松町。若松町自主防災会会長の横田政道さんの発案で、町内にある「津波一時避難(退避)ビル」に、訓練時に「国際信号旗」を掲揚することになりました。
Kokusaisingouki_r

 若松マンションの非常階段部に、12月21日の早朝6時の若松町自主防災会避難訓練時に国際信号旗のV旗(単独掲揚の意味はわたしは援助を求む)です。避難所であることを宣言し、救助は必要な住民が存在していることを表しています。
Wakamatumanshon_r

 国際信号旗はAからZまであり、単独でもそれぞれの意味があります。2枚、3枚と組み合わせるとまた異なった意味の伝達ができます。
Az_newjpgmm_r


Kokorikosaka_0001_newjpgmm_r

 下知コミュニティ・センター防災部会でも、避難収容場所であるので情報伝達手段として国際信号旗をこのたび購入いたしました。
Kokusaisingouki_r_2


 スタジオ・ジブリ制作のアニメ「ココリコ坂から」(2010年)の冒頭に、国際信号旗の掲揚場面が出てきます。


http://youtu.be/5Jtjk4H394U

|

« 暮れの果てに車がちゃがまる(壊れる)とは | トップページ | 師走ですが父(95歳)も母(89歳)も元気です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/60824924

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市下知地域の情報伝達手段として国際信号旗を採用します。:

« 暮れの果てに車がちゃがまる(壊れる)とは | トップページ | 師走ですが父(95歳)も母(89歳)も元気です »