« 高知市商店街の栄枯盛衰 | トップページ | 「吉野屋の経済学」を読みました。 »

2014.12.02

武内則男さんの出陣式を見学しました


 今朝の高知市は快晴ですが、昨日からすれば10度程度温度が低い。鏡川大橋を自転車で渡り、仲田町にある武内則男さんの出陣式を見学に行きました。

 鏡川を境目に今回から高知県は、小選挙区は1区と2区に分割されました。わたしの居住区は1区。投票権は2区にはありません。武内則男さんは、前職は高知市水道局の技術系職員でした。現在地元自主防災会で取り組んでいる、青柳公園地下に耐震貯水槽が(6000L)がありますが、津波浸水時には現状では活用できません。なんとか活用できないだろうかという事で、お知恵を借りたいきさつもあり、出陣式に駆けつけました。

 後援会長や、かつて同僚であった参議院議員の人の応援演説がありました。武内則男さんがスピーチしました。
Takeuchin_r
「アベノミクスと言う経済政策を安倍内閣は強調していますが、地方に住む私たちには、消費税増税と円安で、物価が上がり生活が苦しくなりました。30万人の正規雇用者は増えましたが、一方で100万人の非正規雇用者が生みだされています。」

「100万世帯の富裕層が豊かになりましたが、人口の0.1%に過ぎません。5000万世帯の所得が減少し、生活が皆苦しくなりました。」

「医療費や介護費用も上昇し、給与も年金受給額は減少しました。生活不安を抱える人たちが安倍政権の2年間でどんどん増えています。」

「国民の知る権利や報道の自由を制約する特定秘密保護法案も「数の力」で参議院で強行採決しました。また今年7月1日には集団的自衛権行使容認の閣議決定もしました。日本を戦争が出来る国に安倍内閣はつくり変えようとしています。」

「7月1日に集団的自衛権の行使を閣議決定で容認しました。いつでも戦争の出来る国に安倍内閣は日本を変質させようとしています。それには反対します。」

「福島原発直後は復旧復興のために奔走していました。未だに復旧道半ばであり、放射能汚染が止まらない状況であり、10万人を超える原発避難者が入るのに、安倍内閣は原発再稼働を推し進めています。」

「高知県は自然再生エネルギーの宝庫です。農業・林業と共生して地域の経済を盛んにして、TPPへは参加せず自然再生、安心安全な食べ物を生産し、加工して地域を豊かにしていく政策が今まさに求められています。」
Hirota_r

 続いて広田一県連代表(参議院議員)の激励の挨拶があり、連合高知の折田事務局の団結・ガンバロウで武内則男さんの出陣式は終了いたしました。報道各社の記者も取材に来られていました。
Orita_r

地元県議の坂本茂雄さんも激励に来られていました。
Sakamotosigeo_r


 今回の衆議院選挙の投票日は、12月14日(日曜日)です。棄権することなく、各候補者や政党を精査し、有権者の権利を行使しないといけないですね。
Gaisensya_r


|

« 高知市商店街の栄枯盛衰 | トップページ | 「吉野屋の経済学」を読みました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/60748720

この記事へのトラックバック一覧です: 武内則男さんの出陣式を見学しました:

« 高知市商店街の栄枯盛衰 | トップページ | 「吉野屋の経済学」を読みました。 »