« 父も母も元気です。 | トップページ | 武内則男さんの出陣式を見学しました »

2014.12.02

高知市商店街の栄枯盛衰

Katagiri1_r

 10月31日に高知市の老舗書店である片桐書店が閉店しました。「本のデパート」と書かれている店舗はシャッターが下り寂しい限りです。高知市の中心はりまや橋のほど近いだけに閉店は残念です。
Katagiri4_r


Katagiriharigami_r

 個人的には良く利用していました。古い岩波新書もあり、ちゃんと定価で販売していましたが、珍しい本もあり、わたしの読書傾向に波長が合っていた書店でした。
Kyoumati_r

 同じ京町では老舗呉服店の小川も廃業し、跡地は更地になっています。

 [地方都市の暮らしとしあわせ 高知市史 民俗編」(高知市発行・2014年3月刊)も片桐書店で見つけ購入しました。その本のなかに昭和10年から20年頃の高知市中心商店街の地図が掲載されています。
_new_r_4

 叔母の店の水谷龍文堂も当時は水谷額縁や水谷ブロマイド店で戦前から存在していました。
Mizutanirtuubundou_r


 片桐書店も、篠原はきもの店、つるや履物店、大西時計店や、和田写真館などもありますね。

 空襲や南海地震などを経て、戦後の経済復興・高度成長期、郊外型大型店舗の進出など変化がありました。今に続くお店もあれば、なくなったお店もあります。

|

« 父も母も元気です。 | トップページ | 武内則男さんの出陣式を見学しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/60617438

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市商店街の栄枯盛衰:

« 父も母も元気です。 | トップページ | 武内則男さんの出陣式を見学しました »