« 父の腎臓も小康状態です | トップページ | 介護調査に来られました »

2014.12.09

あなぶきPMアカデミーへ研修に行きました。

_r

 高知市下知地域にあるマンションであるサーパス知寄町1.その自主防災会は、津波避難ビルになったことを契機に、「防災拠点」になるべく、一般社団法人マンションライフ継続支援協会の支援を受け、研修を続けて来られていました。
Kbus_r


Anabukikensyuc_r

 このたびサーパス知寄町1自主防災会副会長の坂本茂雄さんと、、一般社団法人マンションライフ継続支援協会の理事で、サーパス知寄町1自主防災会をサポートされている吉本美幸さんのお声掛けて、周辺地域住民として、高松市にあるあなぶきPMアカデミーにて研修をいたしました。
Kenshou_r

 この施設はあなぶきマンションの施設を展示し、説明し、体験できる機能を持っています。どのような消火設備があり、管理人室と部屋との連絡システムや、停電時マンションはどうなるのか。
Anpikakujnin2_r


Inryousuiksisutemu_r

 津波避難ビルから、防災拠点になるためにはどのような考え方と施設整備や備品の整備が必要なのか。また地域住民としてどのように関わればいいのかを念頭に置きながら、マンションの皆さんと一緒に研修を受けました。

 まず元陸上自衛隊の連隊長であった村本氏からの講演がありました。
Rzieitai_r

「訓練はあらゆる不測の事態を想定し、予測して行うものです。そして訓練での失敗はかまいません。。失敗しながら予測できるリスクの量を増やし、予測できないリスクを減らしていくのでです。」

「訓練はうそをつきません。緊急事態対応は訓練をしないと出来ません。」

 と自衛隊の体験を踏まえた防災訓練の在り方について説明を戴きました。納得しました。

 あなぶきPMアカデミーの藤原館長からは、火災時の初期消火の原則や、マンションの設備や連絡体制についての説明がありました。
Mloom2_r


Mloom3_r

 消火訓練や煙体験などもしました。
Kkunren2_r


Kemurik1_r

 また一般社団法人マンションライフ継続支援協会の吉野さんからは、「今までの防災計画は災害が起きてからこしらえる方式でしたが、これからは起きる前にどうするのか」を考え検討しないといけないと言われました。
Yosinokousi_r

 実際に「防災BOX]をこしらえ、マンション住民の安否確認と報告の訓練も参加者全員が行いました。チームをこしらえてやる訓練などは役に立ちまいsた。
Anpikakunin_r

 高齢者ルームの見学もありました。白内障になるといかに視野狭窄になるかも体験。トイレや浴室の手すりや、装置も見学しました。部屋のバリヤフリー化のモデルルームでした。
Hakunaishoutaiken_r


Yokusitutaiken_r


Houkouki_r

 大変盛りだくさんの内容。午前11時から午後5時までの研修。往復に2時間ずつかかり、まる1日の内容のある研修会でした。関係者の皆様ありがとうございました。

|

« 父の腎臓も小康状態です | トップページ | 介護調査に来られました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/60739537

この記事へのトラックバック一覧です: あなぶきPMアカデミーへ研修に行きました。:

« 父の腎臓も小康状態です | トップページ | 介護調査に来られました »