2014年東京都知事選挙

2014.02.10

得手勝手資本主義の勝利

Deguchityousa

 東京都知事選挙は、大雪で大幅に投票率が下がった効果もあり、自民・公明・連合東京の「組織票」を手堅く固めた升添候補が、「脱原発候補」の宇都宮・細川候補を大差で破り当選しました。
Mazuzoe

 石原ー猪瀬と「身勝手知事」を選んできた東京都民の「伝統」は今回も守られました。田舎にいるととても失意が出る結果でした。

 これで東京五輪に向け、ますます「自分たちさえ良ければいい。」「電車で赤ちゃんをだっこした大きな荷物を抱えた母親に席を譲らない」「桜井南相馬視聴の決死の訴えすら無視する」「原発は東京にないから関係ないでしょ。」と冷たくて身勝手な資本主義が今後も東京を中心に跋扈することでしょう。

Hosokawakoiozumi


Hosokawakoizumi


細川さんも小泉さんも[惨敗」でした。とても残念ですね。
[原発0」の主張は素晴らしいし、スピーチもよかったです。でももっと徹底すべきでした。

 遊説する各地で候補者が来る前に運動員がその地の線量を測定し、「この地域は〇〇シーベルト。福島を早く止めて原発を止めないと子供たちの健康が心配です。」と内部被ばくについてPRすべきでした。

 宇都宮さんを応援した共産党関係の皆様[大善戦」でした。さぞかし自己満足されていることでしょう。でも「2位ではだめなんです。」でも絶対[党勢拡大」になりませんのであしからず。
Nogenpatu


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.07

東京から世界を変える意義込みで

Hatikin01_r


 東京都民の皆様おはようございます。
いよいよ2月9日は東京都知事選挙の投票日です。東京都民の選択(棄権=現状維持)も含め、日本全国、いや世界中が注目しています。

 選択は2者択一です。「原発容認=身勝手資本主義=全体主義国家まっしぐら」の先兵となる升添氏を選択するのか、「原発0=ハラ分目資本主義=環境共生型国家」になる先頭に立つ細川氏を選択するのかの大事な都知事選挙です。

 2007年に高知県東洋町で、原子力発電所から排出される高レベル放射性廃棄物最終処分場を是非を決める町長選挙がありました。当時現職の町長で元共産党の人は、「20億円の交付金で教育費も医療費も光熱費も無料にします。」と公約しチラシを全戸配布していました。

 表だって共産党や社民党、民主党などが一切支援しない状態でも東洋町の皆さんがたは「志子々孫々が思い切り深呼吸できる町を残したい。」との思いで高レベル放射性廃棄物最首処分最終処分場を拒否し、圧倒的に反対派候補者の沢山保太郎さん(7割を獲得)し、国に立地を断念させました。
Sawayama01_r


Sawayama422m_r

 その真摯なる反対運動の成功が、以後日本で自治体が高レベル放射性廃棄物最終処分場にエントリーしなくなりました。できなくなりました。小泉さんはそれがわかったからフィンランドの処分場を見て「原発0は今でしょ。」になったのです。

 その後だか石原都知事が300億円の東京都の予算を無駄遣いして、東京五輪誘致に失敗しました。東洋町の人口は2800人程度で町の予算規模は30億円程度。国は最終処分場になるのなら20億円出しましょうとまで言っていた。それを東洋町の人達は拒否しました。

 300億円の無駄金を使える東京都は、日本で1番電気を使用しているのですから、東京に高レベル放射性廃棄物最終処分場をこしらえたらいいんですよ。それをせずに福島や新潟かの原発から電気を供給してもらって自分たちだけが繁栄すると言うのは「人でなし」であるとわたしは思います。

 今度は東京都民の番です。櫻井南相馬市長のスピーチへの東京都民の答礼は、細川さんを支持し知事にすることです。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-46f8.html

 田舎者の私は東京都民の良識を信じたいと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.05

東洋町から東京都民への連帯メッセージ

 前東洋町長であった沢山保太郎さんが、ご自身のブログで東京都知事選挙について、書かれています。2007年に命がけで国が東洋町に立地しようとしていた「高レベル放射性廃棄物最終処分場」を町民の皆さんとともに阻止した人です。

 それだけに言葉には説得力があります。東京都民へのメッセージをお伝えします。


「東京都知事選勝利を祈る」

News & Letters/398

祈るような気持ちで都知事選を見つめている。
権力とマスコミの重層的な包囲網を衝いて、都民に直接訴える方式で戦う細川陣営が脱原発で都民を説得し勝利することができるかどうか、多くの人がかたずをのんでこの歴史的事件を見守っている。

二人の元首相の経歴や政治的立場をあげつらって、この選挙戦を軽視しようという傾向が市民運動の中にあり、宇都宮陣営に固執する人がいる。その心情は判らぬではないが、世界の大局を踏まえず自己満足的な思考の中に市民運動を閉じ込めようとすることはやめるべきだ。

福島の惨事に仰天した細川はともかく、小泉が脱原発に転換したのは、積極的な理由がある。

小泉の話では、フィンランドの核廃棄物の地下処分場オルキルオト島の「オンカラ」を見に行って、変身をしたという。普通ならば、「オンカラ」の立派な地下処分場を見て核廃棄物の処分方法が確立できると言って喜んで帰る筈だ。

ところが、かれは反対の結論、最終処分場は日本ではできない、という結論を持って帰ってきた。小泉が「オンカラ」の洞穴で見たのは、決して完成まじかな処分場の映像ではなく、日本の核廃棄物処分場計画の連続的な破綻、とりわけ東洋町での最終的な反対運動の勝利を、走馬灯のように思い浮かべたのである。

小泉の変身には、日本の反核運動が直接反映している。保守反動の小泉を今回の都知事選に誘導したのは日本各地の反核運動である。だからその戦いを我々が後押しするのは当然のことだ。

原発だけではない。福祉のことも秘密保護法も憲法も、TPPも靖国も、・・・我々の闘争が強ければ、保守反動の政治家でも雪崩を打ってわれわれになびいてくるのである。
国民は、マスコミの言うことに影響されてはならない。我々の独自の戦線を強化し、世論や政治家を我々になびかせることが肝要だ。

かつて、東洋町の高レベル放射性廃棄物地下処分反対闘争の折、私は県議会の自民党幹部を訪問し、東洋町への処分場設置反対の趣旨を説明し、議会決議案を四項目のメモにして手渡した。その時の自民党幹部は元木益樹氏と今は亡き山本議員であった。
彼らは快く私の提案を承諾し、高レベル放射性廃棄物の東洋町導入に反対する決議案を作成し、全会派の承諾をとってそれを可決させた。

当時、高知県の自民党には、山本有二と中谷元という二人の原発推進の国会議員がいた。今もそうだ。彼らの原発推進は強硬で、軍事使用のプルトニウムの確保のためにも原発稼働が必要だといういうものであって、そのような研究組織活動をしていた。
その機関誌の名が、ずばり『プルトニウム』というのだ。いわば、閻魔大王とか悪魔 と言う名の雑誌を発行しているようなものなのである。

そのような自民党であっても、我々の誠意と熱意で保守陣営の良心的な部分を動かし、人民の闘争を勝利に導くことができるのである。

現実の歴史は清濁合わせ飲んでいく。われわれは自身はあくまでも清であるが、犬歯錯綜する戦線では濁流のしぶき、敵の血もうけなくてはならない。

日本の全ての神社仏閣の神や仏、我々の祖神の霊力を総動員して、このたびの都知事選で細川陣営の勝利が得られるよう、祈る。

 沢山保太郎さんのブログ「東洋町町民日誌」をご参考ください。

http://sawayama.cocolog-nifty.com/blog/

2007年東洋町長選挙の記録

 http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/bbs3/sawayama/toyo-senkyo.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.03

桜井南相馬市長の叫びを東京都民は傾聴していただきたい

  原子力発電所のない福島県南相馬市。3・11以後6万人の南相馬市民が原発災害で避難しました。今でも2万人の市民が避難生活を続けておられます。

 真底の「命の叫び」です。あれこれ言うことは間違いです。「原発0」候補を支援してください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.31

細川ー瀬戸内ー小泉の3トップ

 吉祥寺駅前での演説会の様子です。なかなかシニアの皆さんもおげんきではないでしょうか。頑張っていただきたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.30

女性週刊誌や野良犬メディアは面白い

Joyeseizisinhon_r


 大新聞やyahooなどでは升添有利、細川惨敗とあります。しかし女性週刊誌の調査では、30(升添):24(細川):5(宇都宮):2(田母神)とか。態度未決定が59%もいるとか。まだまだわからない。奥様に詰められて出馬したとも。

 週刊ポストは早くから細川出馬をスクープしていましたね。小泉魔術師が大逆転の秘策とか飛ばし記事。実のところどうなのかわかりません。
Sp271_r


Sp272_r

 升添の組織票VS細川の無党派支持票の2強の争いであることはどうやら間違いないようです。後は泡沫。

 59%の態度未決定者がいるということであれば、まだまだわからないと言うことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.23

細川―小泉コンビは頑張ってほしい


 原発0での都政運営を掲げて、細川―小泉コンビが現れた。面白い現象だ。

 老いたるとは言え細川さんも、小泉さんもお元気そのもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07高知県知事選挙 | 2008年衆議院選挙関連 | 2009年衆議院選挙関係 | 2012年衆議院選挙関係 | 2012年車椅子で行く高知の観光施設 | 2013年参議院選挙関係 | 2014年東京都知事選挙 | blogによる自由民権運動 | blogの伝道師・blogの鬼 | bousai_ | Eコマース・スキルアップ講座 | koutikengikaigin | NPO法人高知減災ネットワーク会議 | お花見遊覧船 | けんちゃんの今すぐ実行まちづくり | けんちゃん1人weblog | はりまや橋サロン | まちづくり | アニメ・コミック | イラク派兵問題 | ウェブログ・ココログ関連 | ゴーヤ栽培日誌 | サッカー | スポーツ | スポーツのありかた | チベット問題 | ニュース | バリヤフリー | パソコン・インターネット | ホームページによる交流 | メディアリテラシー | ヨット関係 | 三好市との交流事業 | 中国四川大地震 | 二葉町町内会の動き | 二葉町自主防災会 | 井原勝介さん講演会 | 人繋がりネットワーク | 仁淀川町と二葉町との交流 | 仙波敏郎さん講演会 | 伊野町問題 | 健康・体の問題 | 健康問題 | 入野敏郎さんみかん園 | 公共交通問題 | 公共財のありかた | 前田康博さん講演会 | 南海地震対策 | 南海地震特別税 | 原子力政策 | 原発と核のゴミ処理場アンケート | 原発災害 | 叔母・車椅子来高・2014・10・18 | 司馬遼太郎氏の帝国主義論 | 吉本隆明氏・追悼文 | 品川正治さん講演会関係 | 国政問題 | 国際問題 | 土佐電鉄ーごめん・なはり線 | 地方の公共交通 | 坂本龍馬像建立運動 | 夜須町関係 | 大学問題 | 天木直人さん講演会関係 | 宇田川知人さん出演番組 | 安田純平さんを高知へ招く会関係 | 少子化問題 | 岡林信康コンサート | 島本茂雄さん・中平崇士さん出演 | 巨大地震・津波対策用高強度発泡樹脂浮力体 | 市民参加のありかた | 平和・反核・護憲の社会運動 | 平和問題 | 建築物 | 憲法問題 | 戦争を知らない子供たちへの映画会」 | 携帯・デジカメ | 政治のありかた | 政治評論 | 教育問題 | 新しいメディアの創出 | 新型インフルエンザ対策 | 新堀川市民大学 | 新堀川生態系保護問題 | 日誌風の感想 | 映画「六ヶ所村ラプソディー」 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 有機農業の支援 | 朝鮮半島問題 | 木質バイオマス地域循環システム | 東京近辺見聞録2013年 | 東京近辺見聞録2014年(1) | 東京近郊見聞録2010 | 東京近郊見聞録2011年 | 東京近郊見聞録2012年 | 東洋町サポーターズクラブ | 橋本大二郎さん出演番組 | 橋本県政16年の検証 | 橋本県政16年の総括 | 歩いて見る高知市 | 歴史の宝庫新堀川 | 歴史問題 | 死生観・終末観 | 沖縄ー高知の交流 | 沖縄基地問題 | 沢山保太郎東洋町長出演 | 津波避難施設について | 漫画文化 | 環境問題 | 田辺浩三さん映画会(小夏の映画会) | 社会問題一般 | 社会思想問題 | 社会運動 | 福井照 | 福井照さん出演番組 | 福祉の問題 | 空のあんちくしょう | 経済・政治・国際 | 経済問題 | 耐震偽装問題 | 自然エネルギーの活用 | 芸能・アイドル | 芸術・文化 | 若者支援事業 | 蓄光塗料 | 認知症症候群について | 認知症重度化予防実践塾 | 趣味 | 路上詩人はまじさん | 連合赤軍と新自由主義の総括 | 都市再開発 | 都市論 | 錆を防ぐさびのある話 | 防災問題 | 防災対策 | 防衛問題 | 音楽 | 高レベル廃棄物問題 | 高知の根源・由来を考える | 高知の観光 | 高知シティFM | 高知シティFM「けんちゃんのどこでもコミュニティ」 | 高知シティFMけんちゃんのどこでもブログ | 高知シティFM最終収録 | 高知大学防災すけっと隊 | 高知学研究所 | 高知市政問題 | 高知県政ぷらっとこうち問題 | 高知県政問題 | 高知県民マニュフェスト大会 | 高知県物産公社構想 | 高知県議会立候補者への公開質問状 | 鵜の目鷹の目 | 2006年白バイ・スクールバス衝突事件 | 2010年参議院選挙 | 2014年東京・横浜出張 | 2014年衆議院選挙関連