« 非常用耐震貯水槽有効活用検討会 | トップページ | 両親の介護予防・支援担当者会議 »

2015.01.29

非常時には感染症対策も必要ですね

Photo


インフルエンザが大流行ですね。既に昨年のピーク時を上回っています。高知市内の小学校の学級閉鎖を聞くようになりました。我が家の超高齢者の父(95歳)は、週に2回通院して診察を受け点滴しないといけません。普段は見かけない若い患者さんたちがマスクをして待合に溢れています。

 父もそうですが付添の私も大変。いつ罹患するのかわかりません。年明けからも仕事も地域活動も多忙。インフルエンザで寝転んでいる暇はありません。

「インフルエンザは発症48時間以内ならイナビルという吸引式の薬が良く効きます。2日間で熱や症状が納まりますが、全治は1週間。48時間を過ぎますと、なかなか治療法はなく2週間以上は回復にかかります。自分の平熱を調べ、異常だねと思えばすぐに医院へ行くことです。それしかないそうです。

防災・減災面からも避難所などの感染症対策は絶対に必要です。とくに高齢者や乳幼児の対策は急がれますね。平常時でも大変ですが、非常時であれば尚更です。

|

« 非常用耐震貯水槽有効活用検討会 | トップページ | 両親の介護予防・支援担当者会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/61002872

この記事へのトラックバック一覧です: 非常時には感染症対策も必要ですね:

« 非常用耐震貯水槽有効活用検討会 | トップページ | 両親の介護予防・支援担当者会議 »