« 母と散歩して近所のお菓子屋へ | トップページ | 高知県の危機管理部署(胴元)は高台へ設置すべき »

2015.03.26

地域代表の坂本茂雄さんを支持します

_new_r


2_new_r

 今年は4年に1度の「統一地方選挙」の年です。高知県議会選挙は、4月3日が告示、13日が投票日です。高知市議会議員選挙では、4月19日告示、26日が投票日です。

「高知市・下知(しもじ)地域代表の県議会議員として、坂本茂雄さんを支援いたします。

 坂本茂雄さんを県議に支援する理由

 坂本茂雄さんを県議に支援する理由はいくつかございます。

1)同じ下知地域の減災・防災活動に、ともに取り組んで来ました

特に2012年10月には、坂本茂雄さんの尽力と支援もあり、下知地域の自主防災会の連合組織である「下知減災連絡会」が結成されました。

 坂本茂雄さんは事務局長として、各自主防災会のつなぎ役、行政組織としてパイプ役も務められました。「広報下知減災」も坂本茂雄さん自らが取材に、記事を書かれています。下知減災連絡会を通して各自主防災会に配布されています。

 会合の冒頭に挨拶だけしていなくなる地方政治家にありがちな「顧問」とは坂本茂雄さんは違います。実質下知減災連絡会の屋台骨になっています。地域住民と一緒になって地域の課題にともに取り組んでおられます。
8_new_r


92_new_r


103_new_r


114_new_r

2)坂本茂雄さんは2003年の初当選以来、3期12年の間に「県政意見交換会」を62回(3月29日の開催で)行われています。
Kenseiikenkoukankai


坂本茂雄さん自らが作成した資料を基に、県議会報告や、県予算の概要の解説、参加者との意見交換を真摯にされておられました。

 「参加者が2人しかいないときでも開催しました。密度の濃い県政意見交換会でした。」と言われていました。これほど頻繁(62回も)に「県政意見交換会」を開催している県議会議員は他にいません。任期中1度も県政報告会などを開催しない県議会議員も多いと聞きます。選挙前の挨拶だけの地方政治家はおかしいと思います。

 過去数回「県政意見交換会」を聴講に行きました。高知県政の問題に真摯に取り組み、また参加者との意見交換も積極的にされ、またその出た意見のいくつかを県議会で質問に活用されたりしておられます。

県政意見交換会(46回目)

 http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-b052.html

3)また坂本茂雄さん自ら原稿を記述し発行している「県政かわら版」。こちらも48号発刊されておられます。

 高知県政の問題点を的確に指摘し、公表しています。県政の多くの政策課題を毎号文章化することはとても大変で難しいことです。

 坂本茂雄さんは、わかりやすい言葉で書かれています。また「県政かわら版」も地域を歩きながら配布されています。その折お会いする地域の人達ときさくに会話し、地域の動向も観察されています。
4_new_r


5_new_r


6_new_r


7_new_r


4)地域の課題を何度も県議会にて発言いただきました。

 高知市下知地域は全域が海抜が低く(海抜2M以下)で、地盤も弱く、海に隣接しています。想定される南海トラフ巨大地震が起きたならば、高知市市街地の大半(下知・高知街・潮江・高須・布師田・五台山など)13万人の県民が地盤が沈下することにより長期浸水する可能性が高いです。甚大な被害が予想されます。

 高知県議会でも、住民の立場で何度も執行部の見解をただしていただきました。県都の中心市街地が「水没」し、長期浸水状態になります。ぞの事前対策を総合的に坂本茂雄さんは県議会においても意見を述べられ、執行部に対策を促していました。

 より速い復興・復旧をめざす「受援力の強化」(支援を受ける力)と、「地区防災計画の策定」(内閣府が提唱)を坂本茂雄さんは提唱されておられます。
Kengikai_gizixyou


 坂本茂雄県議の代表質問を傍聴しました。

 http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-8cd2.html

5)護憲平和・脱原発の立場で活動されておられます。

 国政レベルの課題につきましては、すべて政治的信条が坂本茂雄さんと一致しているわけではありません。

 地域の減災対策を検討し推進している中での学習で、「日本は災害大国。世界の大地震の25%は狭い日本列島で起きている。世界の活火山400のうち110は日本にある。台風、大雨。大雪など世界有数の災害大国である。」ことが理解できました。
Kyodaisizinsingeneria


Nihonkatudansou


Nihongenpatu54ki


11000718_918332714866079_1843680335


P51

 その観点からすれば、災害大国日本での原子力発電所の再稼働は危険極まりないことがすぐに理解できます。伊方の原子力発電所も廃炉にしていただきたい。万が1爆発事故が起きたのならば、隣県の高知県も大きな被害を受けるからです。
 
 また最近の安倍政権は「安保法制の制定」を急いでおります。敗戦後日本は70年平和国家を維持してきました。戦争も「災害の1つ」です。政府の役割は「国民の命と財産を守ること」です。「災害大国日本」に、戦争と言う新たな災害を加えないでいただきたい。新たに「災害を増やす」安倍政権の政治姿勢には反対します。
Abeikumimm2

3_new_r


 地域住民の1人として、高知県議会議員として坂本茂雄さんが再選されるように願うばかりです。

|

« 母と散歩して近所のお菓子屋へ | トップページ | 高知県の危機管理部署(胴元)は高台へ設置すべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/61325169

この記事へのトラックバック一覧です: 地域代表の坂本茂雄さんを支持します:

« 母と散歩して近所のお菓子屋へ | トップページ | 高知県の危機管理部署(胴元)は高台へ設置すべき »