« 企業の論理と行政の論理との大いなるかい離は深刻です | トップページ | 母と散歩して近所のお菓子屋へ »

2015.03.25

父(95歳)の歯の治療が終わりました。


Titi3_r

 今日の時点で父の歯の治療が終わりました。
と言っても本来なら悪い歯は抜歯し、根本治療をすべきであると言われましたが、超高齢者でもあり、応急処理と歯垢の除去で終わりました。
Titi1_r

 週に2回診察と点滴をお願いしている主治医の植田一一穂先生からも「腎臓病の人には歯の治療は大変な負担です。事前に抗生物質を出します。」と言われていましたから。
 Titi2_r

 95歳にしてすべて自分の歯というのもある意味大したことではないかと思いました。

 70歳以上の医療費は74歳では2割負担ということになりました。75歳以上の高齢者は1割負担ですね。わたしの年齢(還暦)では3割負担ですね。
70sai_2wari_r

 この歯医者さんは父は20年来通院しています。ベテランの歯科医さんもおられ、データも残っていますので、1年に1度は定期検診をしていただいています。
Titi4_r


|

« 企業の論理と行政の論理との大いなるかい離は深刻です | トップページ | 母と散歩して近所のお菓子屋へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/61335690

この記事へのトラックバック一覧です: 父(95歳)の歯の治療が終わりました。:

« 企業の論理と行政の論理との大いなるかい離は深刻です | トップページ | 母と散歩して近所のお菓子屋へ »