«  母のオムツの買い出しに行きました。 | トップページ | 両親のケアもありせわしい1日でした。 »

2015.04.10

生煮えの高知市自主防災組織連絡協議会


_new_r

 昨年12月末に高知市地域防災推進課から急遽提起され、3回ほどの会合で、年度末の3月31日に結成された「高知市自主防災組織連絡協議会」が結成されました。4月2日に高知新聞記事にも掲載されています。
_new_r_3

 高知市長も来られたとのことでした。下知減災連絡会(昭和小校区を中心とした15の自主防災会の連合体)も森宏会長が出席いたしました。

 何せ年末の時期での提案であり、年始と年度末の時期での急激な形成ですので、各防災会各位でも「一体何ために急いでこしらえるのか?」「議論が全く尽くされていない」などの疑問があいついていました。
_new_r_2


_new_r_2_1

 記事にあるように「各自主防(自主防災会)の課題や運営ノウハウを共有するため、連絡協をつくった。」とありますが、果たしてそれは「本当に可能なのか?」現段階では全くわかりません。

 高知市地域防災推進課幹部職員は、3月1日に税金を使って全戸配布した高知市内小学校校区別の「津波避難マップ」においても、全く地域の自主防災会に断りなく、自主防災会が定めていた「津波一時避難(退避)場所」(市役所の表現では「地区指定避難ビル」をすべて削除し、市役所が認定した「津波避難ビル」しか表記されていません。
 
 これなどは「高齢化が進展している地域特性」や、「海に隣接し地盤が弱く陣と同時に地盤沈下する可能性が高い」下知地域ゆえに、自主防災会は二葉町だけで13か所の「津波一時避難(退避)場所」を建物所有者と交渉しご理解を得たうえで選定し、地域の「防災マップ」としました。 
 Futabatyou

 地域住民とのワークショップを「全否定した」姿勢が続く限り、年度末に急ごしらえで結成した「高知市自主防災組織連絡協議会」など期待できる筈はありません。

|

«  母のオムツの買い出しに行きました。 | トップページ | 両親のケアもありせわしい1日でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/61403874

この記事へのトラックバック一覧です: 生煮えの高知市自主防災組織連絡協議会:

«  母のオムツの買い出しに行きました。 | トップページ | 両親のケアもありせわしい1日でした。 »